8月4日、東芝がダイナブックの全保有株式(19.9%)をシャープに売却したと発表しました。これにより、ダイナブックはシャープの完全子会社になりました。東芝が正式にラップトップ 事業を終了することになります。