<広島に続き長崎にも原爆を投下したことで、戦争の終結が早まり多くの命が救われたと主張する肯定論の背景にあるもの> 8月9日、長崎は原爆投下から75年の節目を迎えた。長崎への原爆投下は、第2次世界大戦の終盤における重大な出来事の1つで、広島に続く歴史上2度目の核攻撃だった。 1945年8月9日に長崎に投下された原爆「ファットマン」は、その年のうちに7万人以上の死者を出し、その多くは原爆投下から24時間以内に命を落とした。原爆により長崎市浦上地区は完全に破壊され、後に残ったのは一握りの建物だけだった。 広島と長崎への原爆投下で死亡した人の数は、その年だけで21万人以上にのぼる。その大半が民間人だ。当時、各所で連合軍を相手にあらゆる手段を尽くして戦っていた日本軍を打ち負かすには、原爆を投下するしかないと言われていた。 もう1つの選択肢が日本本土への全面的な侵攻と考えられていたが、米軍の作戦立案者たちは、本土上陸に踏み切れば米軍だけで最大100万人、他の連合国の兵士や日本の兵士および民間人を合わせればさらに多くの犠牲が出ることになると考えた。 戦争の終結で、戦闘が続いていたアジア各地の人々の命も救われた。日本軍は中国や東南アジアで、連合軍や地元勢力と戦いを続けていた。原爆擁護派は、原爆投下により多くの命が救われたと主張した。 原爆投下は戦争犯罪にあたるという議論がされながらも、いまだにこれがアメリカなどでは主流な考え方だ。日本は8月15日に降伏し、長崎への原爆投下から3週間後に降伏文書に調印。これで、10年近くに及び約7300万人の命を奪った第2次世界大戦が終わった。 日本降伏の決め手はソ連の対日参戦 少なくとも西側諸国において、第2次大戦終結の歴史の中核をなすのが原爆の恐怖だ。しかしソ連が日本に宣戦布告を行ったのは、長崎に原爆が投下される数時間前の1945年8月8日の深夜だった。 日本にとって「とどめの一撃」となったのは、2度の原爆投下よりもむしろソ連による対日参戦だったと、アメリカ在住の歴史家(ロシア・ソ連史および日露関係が専門)である長谷川毅は指摘する。 長谷川によれば、日本の上層部は戦争の終盤、広島への原爆投下により何万人もの死者が出た後も、ソ連にアメリカとの和平交渉の仲介を求めていた。 「広島に原爆が投下されても、仲介を模索する日本の方針は変わらなかった」と長谷川は本誌に語った。「その意味で、原爆は決め手にはならなかった。ソ連の対日参戦の方が、より大きな決め手になったと考える」 長谷川はさらに、「日本政府にとって、戦争を終わらせる最後の希望がソ連だった」と続けた。「その希望が完全に打ち砕かれた」。ソ連が参戦していなければ「日本政府は、ソ連に仲介を求め続けていただろう」と語った。 <関連記事:原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもたらした、と各国が非難> ===== 日本政府、日本軍の指導部は、ソ連による対日参戦を受けて8月9日の終日、話し合いを行った。そして昭和天皇が翌10日に降伏の「聖断」を下し、15日に国民に向けて降伏を発表した。 長谷川は、長崎への原爆投下は天皇が降伏を決断した一番の理由ではなかったと指摘する。8月10日の時点では、まだ長崎の被害の全容が分かっていなかったからだ。 長崎原爆の爆発の被害は浦上地区をはさむ丘陵地でかなり食い止められ、被害が少ない市街地も多かった。被害の一報を伝えた地元の防衛本部などもそうした地域にあった。「長崎の被害規模は、8月9日のうちには東京にきちんと伝わっていなかった」と長谷川は言う。 2度の原爆投下については、もう1つの仮説がある。原爆投下は必ずしも(日本を打ち負かすために)必要ではなかったが、アメリカの指導部がソ連に対して、自国の大量破壊兵器の威力を示したかったから投下したという説だ。 「必要だと信じたかった」 第2次世界大戦の終盤には既に冷戦が頭をもたげていた。5月にドイツが降伏した時には、西側諸国とソ連は既に、後の「鉄のカーテン」越しのにらみ合いに入っていた。当時はアメリカが核兵器を保有する唯一の国で、米指導部は自分たちの新たなライバルにそのことを知らしめたかった。 原爆には、戦争をできる限り早期に終結させることで、ソ連が日本に侵攻して新たな領土を手にするのを阻止するという利点もあった。ソ連は冷戦において、ヨーロッパとアジアの占領地を代理勢力として利用しており、ハリー・トルーマン米大統領(当時)の政権は、ソ連のさらなる領土獲得を最小限に食い止めたいと考えていた。 しかし長谷川によれば、原爆の歴史に関してアメリカと西側諸国の多くで最も有力なのは、2度の原爆投下は日本を降伏させるために必要だったとする説だ。この説が支持され、受け入れられたのには心理的な理由があると彼は指摘する。 「原爆の使用は、アメリカ人の良心を心底苦しめた。それが心理的な要因だ」と彼は言う。「彼らは、自分たちがした恐ろしいことを、必要なことだったと信じたかった」 長谷川はまた、第2次大戦について広く認識されている歴史があまりにアメリカ中心の考え方で、そのためにアメリカによる説明がほとんど異論もなく定着したとも指摘。多くのアメリカの学者は、ソ連にまつわる要素をある種の「枝葉の(重要ではない)問題」として扱い、日本の政策決定プロセスにほとんど注目することなく原爆の歴史をつづっている、と語った。 <関連記事:原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもたらした、と各国が非難> 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に