GEがアメリカ東海岸の洋上風力発電のパワーアップの切り札として、IBM開発のスーパーコンピューター「Summit」を導入する計画を発表しました。これにより今までよりも大規模な研究を行なうことができるようになるとのことです。