<TikTokに対抗する動画投稿サービスの開始で、フェイスブック株は急上昇> 人種差別的な投稿を放置するフェイスブックに改善を迫る広告ボイコット運動は7月31日に終了したが、その1週間後、同社の創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグの個人資産は1000億ドルの大台を超えた。 「ストップ・ヘイト・フォー・プロフィット(ヘイトを営利に利用するな)」を掲げて広告ボイコット運動が始まったのは今年6月。黒人男性ジョージ・フロイドが白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけに、BLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命も大事)運動のうねりが全米に広がっているさなかだった。 フェイスブック上では「憎悪に満ちたコンテンツの横に、企業の広告が表示されている」と、広告ボイコットを主導した運動団体は指摘。フェイスブックに10項目の改善点を突き付け、広告主に7月末までフェイスブックへの広告出稿を見合わせるよう呼びかけた。 ボーイング、ジャンスポーツ、ベライゾンなど大手企業が続々とボイコット参加を表明。中小企業も合わせて1100社を超える企業と100を超える非営利組織が一時的にフェイスブックへの広告出稿を取りやめた。マーケティング調査会社パスマティックスによると、2020年上半期にフェイスブック上の広告に費やした予算ではディズニーが第1位だ。その最大の広告主ディズニーでさえ、ボイコット期間中はフェイスブックへの広告出稿を大幅に減らした。 世界第3位の富豪の座をキープ フェイスブックは7月末に発表した第2四半期(4月~6月)の決算で、ボイコット運動の影響を認めたものの、主力の広告事業は増収を達成できたと報告。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)にあっても、ここ数カ月業績は順調に伸びており、第3四半期も引き続き成長を見込んでいる。 ボイコット運動が正式に終了した5日後、フェイスブック傘下のインスタグラムが新機能Reels(リールズ)のサービスを開始した。これはTikTok(ティックトック)と同様、15秒の動画を簡単に作成して投稿できる機能だ。 TikTokユーザーをつかめるとの期待感から、フェイスブックの株価は急上昇。ザッカーバーグの個人資産はついに1000億ドルのラインを突破した。このラインを超えるのはこれで3人目だ。ザッカーバーグは今年に入って、同じIT業界の大物であるアマゾンのジェフ・ベゾスCEOとマイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツに次いで、ブルームバーグの世界長者番付で第3位にランクインしたが、広告ボイコットもこの格付けには影響を与えなかったようだ。 <関連記事:米大統領選とコロナ禍で、ゆがんだニュースをばらまく怪しいサイトが横行中> ===== 広告ボイコットが「フェイスブックの収益に打撃を与えるなどとは思っていなかった。ただ、彼らの良心に訴える効果はあると考えていた」と、運動を率いた組織の1つ「名誉毀損防止連盟(ADL)」のジョナサン・グリーンブラットCEOは本誌に語った。「フェイスブックの売上高が増えたと聞いても驚かない。われわれとしては、ヘイトを利用して稼ぐのをやめるよう、引き続き働きかけていくだけだ」 ボイコット期間は終了したが、運動のおかげで主要メディアもフェイスブックに人種差別や憎悪をあおる投稿が多々あることに注目し、大手ブランドが一時的にせよフェイスブックへの広告出稿を取りやめた。それにもかかわらず8月11日に発表された運動団体の総括によれば、フェイスブックの対応ははかばかしくない。10項目の改善要求のうち、6項目については何の対応も取っておらず、残り4項目も対応を検討し始めた段階にすぎない。 運動団体はホームページ上でフェイスブックに今後も改善を求めると表明し、ボイコットに参加した企業に引き続き広告出稿を見合わせるよう呼びかけている。総括は厳しい内容となったが、7月末に出された報道用資料を見ると、一定の成果はあったようだ。7月中は何百万ドルもの広告収入の流入が止まる事態となり、フェイスブックの経営陣は運動団体との話し合いで、社内に調査チームを設置し、問題のある投稿を削除するなど一部の要求を受け入れた。 粘り強く改善を求める 「フェイスブック(に投稿される差別的なコンテンツ)が社会の少数派と健全な民主主義にいかに深刻なダメージを与えているか。われわれの運動がきっかけになって、多くの人々が気づき、これまでにない規模の検証が始まった」と、グリーンブラットは言う。 今回の広告ボイコットは「威嚇射撃」にすぎないと、運動団体は報道用資料で述べている。「フェイスブックが(ヘイト投稿の)ダメージを軽減するために常識的な対応を取るまで、われわれはこの運動をさらに拡大し、より幅広い層を巻き込んでいく」 今もフェイスブックへの広告出稿を見合わせている企業は少なくないと、グリーンブラットは言う。「広告ボイコットはアメリカだけでなく、ヨーロッパなど他の地域にも広がり始めている。フェイスブックが改善に応じなければ、今後もボイコットやその他の運動を行う予定だ。多くの広告主がその際には参加するとはっきり約束している」 <関連記事:米大統領選とコロナ禍で、ゆがんだニュースをばらまく怪しいサイトが横行中> 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか