<かつて日本代表を率いたエディー・ジョーンズは「時間の余裕があるときに貪るように読書する」と言う。ラグビーの指導を目的に本を選ぶことが多く、体が小さい日本人の戦い方も、ある本にヒントを得た。本誌「人生を変えた55冊」特集より> この仕事をしていると、読書の時間をたっぷり取れる時期もあるけれど、大会期間中は難しい。そのため、時間の余裕があるときに貪るように読書する傾向がある。 私は仕事中心の日々を送っているので、ラグビー指導者としてのパフォーマンスを高める目的で本を選ぶことが多い。ただし、そのまますぐに実践できる方法論を学ぶというより、基本的な考え方を学びたいと思っている。 いつもデスクに置いてある本がいくつかある。そのうちの1つが『ウィニング・エッジ』(邦訳なし)だ。何らかの状況に対処する方法を学びたければ、この本を読めばいい。この点では、最近あるコーチと話していて意見が一致した。 『ウィニング・エッジ』 ドン・シュラ[著] E・P・ダットン(邦訳なし) (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 良書とはそういうものだが、この本の有用性は時間がたっても失われていない。今は絶版だと思うが、コーチング本の決定版と言えると思う。 人間の心理に関する本もよく読む。面白くて、いくつか教訓も引き出せるような本が好きだ。例えば、マルコム・グラッドウェルの『逆転!』には刺激を受けた。人生に対する見方が根本から変わるような一冊だ。 『逆転!』 マルコム・グラッドウェル[著] 邦訳/講談社 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 小さな少年のダビデが工夫して巨人を倒す物語は、(私が監督を務めた)ラグビー日本代表にも参考になるものだった。私たちはワールドカップで、ほかの国の体格のいい選手たちと戦わなくてはならなかった。以前は、そうした体格の違いが言い訳になっている面があった。「日本人は体が小さいから、勝てるわけないよ」と。この本は、正しい戦略を実行すれば勝てるのだと教えてくれた。 最近はオーディオブックも利用している。毎朝、聴きながら45分間トレーニングをする。『カブス・ウェイ』(邦訳なし)も耳で聴いた。2016年に100年以上ぶりにワールドシリーズを制覇した大リーグのシカゴ・カブスに光を当てた本で、チームづくりに関する素晴らしい知恵が詰まっている。 『カブス・ウェイ』 トム・バードゥッチ[著] スリーリバープレス(邦訳なし) (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) このときカブスは、データ分析を重んじる一方で、人間をよく知っているベテラン監督のジョー・マドンを起用した。彼は就任早々、リトルリーグのような基礎練習を取り入れた。選手たちは最初は疑問を持ったが、おかげで基礎的なプレーの質が向上した。 スポーツチームで高いパフォーマンスを引き出すためには、プレーヤーが互いを信頼し、共通の目的を抱くよう促さなくてはならない。マドンは基礎練習を課すことにより、それを成し遂げたのだ。 【関連記事】日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5冊の本 ===== ロックダウン(都市封鎖)中は、本を読みあさった。ずっと前に読んだ本を読み返したりもした。良書は何度読んでも新しく学べることがある。映画と少し似ているかもしれない。質の高い映画は、見るたびに理解が深まるものだ。 最近、『嫌われる勇気』を再読した。数年ぶりに読み返すと、いくつか新しい発見があった。ひとことで言えば、この本は、自分らしく行動し、言い訳をしない勇気の大切さを説いた本だ。 『嫌われる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見一郎、古賀史健[著] ダイヤモンド社 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 昔、ディック・フランシスの小説にのめり込んだ時期もあった。これは、100%娯楽のための読書だった。結局、ほとんどの作品を読んだと思う。オーストラリアで過ごした子供時代の親友が競馬一家で、よく競馬を見に行ったものだ。だから『本命』など競馬の世界をテーマにしたフランシスの小説は楽しく読めた。 『本命』 ディック・フランシス[著] 邦訳/早川書房 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) 最近は、特定の作家の作品に夢中になった経験がない。いつも分厚い小説を持ち歩いていて、暇を見つけては読んでいるような人のことを、羨ましく思っている。フランシスにのめり込んで以降、そこまで好きになれる作家とは巡り合えていない。 (構成・コリン・ジョイス) <2020年8月11日/18日号「人生を変えた55冊」特集より> 【話題の記事】 ・中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・大ヒット中国SF『三体』を生んだ劉慈欣「私の人生を変えた5冊の本」 ・ラグビー場に旭日旗はいらない ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか