<間もなく独立記念日を迎えるインドネシア。祝賀行事での新型コロナ感染と同時にもう一つの危機の懸念が......> インドネシア国家警察の報道官は8月14日、対テロ特殊部隊「デンスス88」が中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と関係が深い国内のテロ組織2つのネットワーク摘発作戦で15人をテロ容疑で逮捕したことを明らかにした。 インドネシアでは17日が独立記念日であることから同日の前後を狙ったテロの可能性もあるとして内偵捜査を強めた結果、一斉逮捕に踏み切ったとみられている。 国家警察のアウィ・スティヨノ報道官は14日のオンライン記者会見でデンスス88が12日に首都ジャカルタ、西ジャワ州などの複数の地区でテロリスト摘発作戦を実行し、合計で15人をテロ撲滅法違反容疑で逮捕したことを明らかにした。 逮捕したテロ容疑者はいずれもイニシャルだけの公表で実名は明らかにされていない。年齢は21歳から54歳で、いずれもインドネシアのテロ組織である「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」と「東部インドネシアのムジャヒディン(MIT)」のメンバーないしメンバーにつながる関係者としている。 逮捕した15人はJADやMITで会計財務担当や兵站部門の調達係り、メンバーなどのIS参加を目的とするシリア渡航の手続き支援活動などに主に携わっていたものと警察はみている。 今回の摘発、逮捕で爆弾や武器などが押収されたかどうか、また独立記念日などを狙った具体的なテロ実行計画があったかどうかについて同報道官は明らかにしていないものの、国家警察は「テロの可能性、危険性は常にある」と日頃から国民に警戒を呼びかけていることもあり、15人逮捕の後もテロへの警戒を弱めていない。 最も活発で過激なテロ組織「JADとMIT」 今回摘発されたJADとMITはインドネシアのテロ組織の中では最も活動が活発で爆弾テロなど過激なテロ活動を実行する組織として知られている。 MITは主にスラウェシ島中スラウェシ州ポソを中心とした地域で活動するテロ組織だが、相次いで起こした爆弾テロ事件を重視した治安当局が2020年1月1日からMIT壊滅を目指した「ティノンバラ作戦」を発動して重点的に取り組んできた経緯がある。依然としてMITの最重要容疑者14人が未拘束であることなどから同作戦は9月30日まで再々延長されている(関連記事「インドネシア、イスラム過激派壊滅作戦を延長 長期化で民間人を誤認殺害との報道も」)。 スラウェシ島での治安当局の作戦が延長、強化されている影響もあり、MITのメンバーがジャワ島に移動して新たなメンバー獲得のリクルート活動や資金集めに躍起となっているとの情報があったが、今回ジャワ島でMITの関係者が逮捕されたことでそうした情報が証明されたといえる。 また各地で爆弾テロを計画、実行しているJADは2014年に設立されたテロ組織でシリアのISとの関係も深いほか、フィリピン南部のイスラム系テロ組織「アブ・サヤフ」との関係も緊密化しており、メンバー交流、共同作戦などにも近年は力を入れているとされる。活動地域はインドネシア各地に及んでいる。 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ===== 日本大使館も注意喚起 17日の独立記念日はインドネシアでは最も大事な祝日の一つで例年はジャカルタの大統領官邸で多くの招待客を招いて盛大な記念行事が行わる。しかし今年はコロナウイルスの感染拡大が一向に収まらないこともあり、大幅に招待客を削減して規模も縮小したうえでの実施が予定されている。 また全国の地方自治体での記念式典も同様の措置となるほか、市町村の各地区で催される独立記念の「運動会」も表向きは「3密状態」となるため禁止が呼びかけられている。 「運動会」は町内会の子供たちが主に参加していわゆる「パン喰い競争」「道路にコースを描いた徒競走」「油で滑りやすくなった棒を上る棒登り」などが住民総出で賑やかに行われるのが恒例となっている。 こうした行事も自粛あるいは禁止となり、「国旗を飾って国民は自宅で独立記念日を祝うように」との指示が出されている自治体も多い。 こうしたなか在インドネシア日本大使館は14日に在留日本人に対して独立記念日(17日)に関わるテロへの注意、警戒を呼びかける「注意喚起」のメールを一斉に配信した。 その内容は「独立記念日に際しては、新型コロナウイルス対策のため例年より規模を縮小しつつも、各地で祝賀行事等が行われ、大勢の人が集まることが見込まれます。不特定多数の人が集まる場所や行事等はテロ等の標的になりやすいことから、十分に注意してください」となっている。 テロ実行の可能性は低いとの見方も インドネシアでは現在、コロナ感染防止対策で各都市間を結ぶ主要道路にはコロナ対策用の検問が設けられているほか、鉄道やバスといった公共交通の主要ターミナル、駅、停留所での検温、マスク着用確認、荷物検査なども厳格に実施されている。 さらに主要公官庁やオフィスビル、ショッピングモール、宗教施設にまでコロナ対策として警察官や国軍兵士が配属されて「マスク着用や手洗い携行、社会的安全距離確保」などの監視、指導に当たる地方行政機関関係者を補助している。 こうした対コロナの態勢が強化されていることに加えて、独立記念日に関わる各種行事の中止、縮小もあることからテロリストがテロを実行するには難しい環境にあるとして「この時期のテロの可能性は低いのではないか」との見方も治安問題専門家の間から出ている。 その一方でコロナに乗じたテロの可能性も指摘されるなどインドネシアではコロナ禍の中で緊張した75回目の独立記念日を迎えようとしている。 [執筆者] 大塚智彦(ジャーナリスト) PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックすると楽天ブックスに飛びます2020年8月11日/18日号(8月4日発売)は「人生を変えた55冊」特集。「自粛」の夏休みは読書のチャンス。SFから古典、ビジネス書まで、11人が価値観を揺さぶられた5冊を紹介する。加藤シゲアキ/劉慈欣/ROLAND/エディー・ジョーンズ/壇蜜/ウスビ・サコ/中満泉ほか ===== テロリストのアジトは? インドネシアの対テロ特殊部隊「デンスス88」は、ISと関係が深い国内のテロ組織2つのネットワーク摘発作戦で15人をテロ容疑で逮捕。容疑者の中には閑静な住宅街に住む医者もいたという。 tvOneNews / YouTube