<「平和に向けた一歩」どころか、むしろ武力紛争に陥る可能性を高めかねない合意か> いろいろと条件付きではあるのだが、取りあえずイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の突然の国交正常化合意は歴史的な節目と言っていいだろう。 イスラエルが湾岸諸国と外交関係を結んだことはなかったし、こうした正常化はイスラエルとアメリカの歴代政権が目指してきたものだ。 今回の国交正常化は、トランプ米大統領が8月13日にツイッターで発表した。この合意にアメリカが果たした役割はまだ明らかではないが、トランプにとっては珍しい外交の勝利だ。 ツイッターに投稿された共同声明には、イランへの言及がない。だが今回の合意の背景に、対イラン包囲網を強化するという狙いがあるのは間違いない。「関係正常化の助産師役を果たしたイランに祝福を」と、カーネギー国際平和財団のカリーム・サジャドプールは辛辣なツイートを投稿した。 トランプ政権の対イラン戦略は、実質的な政権交代を目指すものだ。ポンペオ米国務長官はツイッターで「平和に向けた一歩」と評したが、むしろ武力紛争に陥る可能性を高めかねない合意だ。 今回の発表は、周知の事実を公式に宣言したようなものだ。イスラム教スンニ派諸国は表向きにはイスラエルを非難するが、イランとの地域紛争では暗黙の同盟関係にある。 2017年にリークされた電文によると、イスラエル外務省はサウジアラビアのイラン批判に同調することを外交官に奨励していた。イスラエル政府がYouTubeに昨年投稿した動画には、国際会議でアラブ3カ国の外相がイスラエルを擁護する一方、イランを批判する姿があった。 だが共通の敵を持つことと、友好関係を認めることは別ものだ。今年6月にイスラエルが新型コロナウイルス対策でUAEと協力関係を結んだと発表すると、すぐにUAE側は民間の企業間協力にすぎないと横やりを入れた。 もしイスラエルが7月にパレスチナ自治区ヨルダン川西岸の一部併合を強行していたら、今回の合意は実現しなかっただろう。UAEのユセフ・アル・オタイバ駐米大使は6月、イスラエル紙にヘブライ語で異例の寄稿を行い、西岸の併合を強行すれば両国間の関係改善が後退すると警告した。今回の共同声明には「トランプ大統領の要請により......イスラエルは大統領の平和ビジョンに示された地域に対する主権宣言を一時停止する」という一節がある。 【関連記事】イスラエルの「ヨルダン川西岸併合」は当然の権利か、危険すぎる暴挙か【対論】 【関連記事】【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国 ===== トランプが合意の仲介人としての役割を自画自賛することは間違いない。既にロバート・オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は13日の記者会見で、トランプはいずれノーベル平和賞候補になるべきだと語った。 併合の棚上げは確かにイスラエル側の譲歩だ。だが併合問題が持ち出されたのは、トランプの支持を得られるかもしれないという臆測があったからこそ。娘婿のジャレッド・クシュナー上級顧問が立案した中東和平構想は、西岸地区でのパレスチナ人の主権を骨抜きにしようとしていた。 これもシリアや北朝鮮に対する外交姿勢に重なるものだ。トランプの言葉が危機を引き起こし、事態が現状維持の方向に落ち着くと、トランプはそれを自分の手柄にする。 余計な要素を全く考慮しなければ、今回の合意は意義ある前進だ。しかしトランプとクシュナーが中東和平で「究極のディール」を達成しようとした努力の対価としては、貧弱なものにしか見えない。 ©2020 The Slate Group <2020年8月25日号掲載> 【関連記事】イスラエルの「ヨルダン川西岸併合」は当然の権利か、危険すぎる暴挙か【対論】 【関連記事】【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国 【話題の記事】 ・12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる ・介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。