NASAの火星探査機「MAVEN」は、火星の上層大気を観測し続けた結果、火星は春と秋の夜、毎晩3回だけピカピカ光っていることがわかりました。これにより、火星の上層大気の循環パターンが明らかになってきたそうです。