ソウル大学校のバイオロボディクス研究室が開発した「CaseCrawler」は、充電器まで自分で這っていく賢い虫みたいなロボット。見た目の好き嫌いは分かれそうですけど、実用化されるとおもしろいかも。