東京都は18日、都内で新たに207人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 8月に入って200人を超えるのは15日目、100人を超えるのはこれで41日連続となる。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代が合わせて111人で約53%、40代と50代が合わせて54人で約26%、70代以上の高齢者は20人で約10%だという。一方、感染経路が不明な人は132人で約64%にのぼっている。 これで都内で確認された陽性者の合計は18082人と1万8000人を突破した。このうち半数が7月18日以降の1カ月間に確認された陽性者で占められており、8月に入ってから確認された陽性者の合計は5391人と5000人を突破している。 東京都では4月17日に206人の感染確認をピークに、徐々に新規陽性者が減り続け、5月23日には新規陽性者が2人まで減少。感染拡大の抑え込みに成功したかに見えたが、その後、新規陽性者が増加。7月以降は連日100人以上の感染が確認され、感染第2波というべき状況が続いている。 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数 東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計 PCR検査等の結果 入院患者数 感染者の現在の状況 *チャーター機帰国者、クルーズ船乗客等は含まれていない*「重症」は、集中治療室(ICU)等での管理又は人工呼吸器管理が必要な患者数を計上*退院者数の把握には一定の期間を要しており、確認次第数値を更新している 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。