MITメディア・ラボのシティー・サイエンスというグループが、自律運転でひとりでユーザーのもとにお迎えにきてくれるeトライクを開発中。お迎えの際には3輪ですが、ユーザーが運転するときは2輪にトランスフォームします。