フランス政府は18日、新型コロナウイルス感染拡大抑制に向け引き続き在宅勤務を推奨するとしながらも、9月1日付でほぼ全ての職場でマスク着用を義務化すると発表した。 労働省によると、全てのオフィスと工場で働く人にマスク着用が義務付けられる。ただ、働く人が1人のみの個人オフィスでは義務付けられない。また、食品冷凍倉庫などマスクが凍るために着用が実用的でない職場については、今後詳細を詰める。 フランスは全国的に、公共交通機関のほか小売店や美術館を含むほとんどの屋内空間でのマスク着用を義務化。一部都市では多くの人が集まる屋外空間での着用も義務付けられている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・新たな「パンデミックウイルス」感染増加 中国研究者がブタから発見 ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。