台湾当局は19日、中国政府とつながりのある2つのハッカーグループが台湾政府機関と数千人の政府関係者の電子メールアカウントを標的としたサイバー攻撃を仕掛け、重要なデータを盗もうとしたと発表した。 台湾法務部調査局のサイバーセキュリティ調査室高官は記者団に「中国のハッカーグループは長期間にわたって政府機関と情報サービス会社(のシステム)に侵入してきた」と明らかにした。 「重要な政府文書やデータを入手することが目的で、一部のデータが流出した可能性がある」と語った。 サイバーセキュリティ調査室によると、攻撃は2018年ごろから始まり、少なくとも10の政府機関と政府関係者約6000人のメールアカウントが標的になった。どのようなデータが盗まれたかは特定できないという。 また政府に情報サービスを提供していた少なくとも4社の台湾ハイテク企業も攻撃を受けたとしている。 中国国務院台湾事務弁公室はコメントの要請に応じていない。 同高官は攻撃を仕掛けたのは「BlackTech(ブラックテック)」と「Taidoor(タイドア)」と呼ばれるハッカー集団で、中国共産党とつながりがあるとの見方を示した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路 ・世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。