距離が計れるようになったり、メルカトル図法から3D地球儀表示に変更したりと、サービス開始から15年で少しずつ便利でリアルになってきたGoogle マップ。今度は薄めの色合いがちょっと鮮やかになり、山や森や雪といった大自然の様子がもっと判別しやすくなりました。