<「成長の鈍化した国の集まり」と世界中の投資家に評されていたEUが、コロナ危機への対応と堅実な政策決定によって見直され始めているが......> ヨーロッパは、いま「良い」危機を経験している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とそれに伴う景気後退にもかかわらず、EUは被害を最小限に抑え、その経済への信頼を高めている。だが、それでもリスクを免れるわけではない。 新型コロナの感染拡大と死者数を抑制する点でEUの対応は、例えばアメリカよりはるかに優れていた。経済への対応も予想以上に素晴らしく、全加盟国が労働者の解雇を防ぐ効果的な対策を取った。その結果、失業率はほとんど上昇していない。 EUの景気回復が今の予想どおりうまくいけば、企業はコロナ危機の前と同じ労働力で生産を再開できる。一方で、強力な裁量的財政措置が需要を支えている。 今、世界中の投資家がEUを見直している。以前は成長の鈍化した国の集まりと見なしていたが、今は違う。ペースは鈍いものの、堅実なEUの政策決定を高く評価し始めている。公的債務のレベルが比較的低いことも好印象だ。 EUは世界の他の地域よりもかなり景気がいい。アメリカでは失業率が急上昇し、GDPは今年第2四半期に9.5%縮小した。年率換算で前期比マイナス32.9%という大幅な悪化となり、統計を開始した1947年以来最悪の落ち込みを見せた。 EUが最近合意した7500億ユーロ(約94兆円)のコロナ復興基金は、共通通貨の硬直性に対する懸念を和らげ、その評価をさらに高めている。イタリア、スペイン、ポルトガルなどの国債のリスク格差の縮小は、危機の克服に役立つはずだ。 しかしEUに対する信頼の高まり(ユーロの為替レート上昇圧力)は、リスク格差縮小の恩恵を相殺するかもしれない。為替レートは、欧州の成長に短期間で大きな影響を与える。2017年末にはユーロが相対的に強かったため、その後2年間の成長が減速した。いまユーロは2017年当時より強い。ここ数週間で名目実効為替レートは5%上昇し、5年ぶりの高値に達している。 問題は、ユーロ圏が非常に開かれた経済だということだ。アメリカではGDPの12%にすぎない生産品・サービスの輸出が、EUではGDPの30%近くを占める。 開放的である上に、輸出に依存しているというEU経済の特徴は、ユーロが上昇し続ければユーロ圏に深刻な問題が起きる可能性を意味する。そのような変化は地政学的な観点からは望ましいかもしれないが、経済的には望ましいとは言い切れない。ユーロ圏のように極めて開かれた経済にとって、これは重大な欠点になり得る。 【関連記事】日本と同様の人口減少を迎えるユーロ圏が受け入れるべき「期待しない時代」 【関連記事】コロナ禍のEU経済を史上最悪の不況が襲う ===== アメリカはドルの世界的な役割もあって、状況がやや異なる。強い通貨は輸出競争力と雇用を損なうが、為替レートの変動に対する米経済の脆弱性は限定されている。ユーロ圏ほど開放的ではないからだ。 最近のIMFの調査が示すように、貿易の決済における米ドルの圧倒的な優位性も大きな違いをもたらす。 世界の輸出業者の大半がドルで請求書を発行しているため、現地通貨の対ドルレートが変化しても、輸出価格は比較的安定する。その結果、輸出元の国もアメリカも短期的な現地通貨の価値の変動から大きな影響を受けずに済んでいるようだ。ところが欧州の輸出業者はユーロで請求する傾向があり、対ドルレートが上がると、世界中で欧州の輸出品の競争力が低下する。 以前からEUの政策立案者は、ユーロのグローバルな影響力を高めようとしてきた。コロナ危機への対応の成功によって、その願いはかなうかもしれない。だが全てのバラには、とげがある。EUがそこに気付く日も遠くなさそうだ。 ©Project Syndicate <本誌2020年8月25日号掲載> 【関連記事】日本と同様の人口減少を迎えるユーロ圏が受け入れるべき「期待しない時代」 【関連記事】コロナ禍のEU経済を史上最悪の不況が襲う 【話題の記事】 ・12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる ・介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。