米国生態学会の仮想年次総会で今月発表された研究によれば、過去250年間にわたって行なわれてきた人間の土地利用は、1万2000年前に起きた氷河期の後退と比べてさらに北アメリカの景観を変化させたことが示唆されています。