中国国家衛生健康委員会の当局者によると、同国は7月から新型コロナウイルスの感染リスクが高い人に実験段階にあるワクチンを投与している。 新型コロナのワクチン候補で、安全性や有効性を確認する最終段階の大規模な臨床試験を終えたものはまだない。 同委員会当局者のZheng Zhongwei氏は22日夜に放送された国営テレビのインタビューで、医療従事者のほか、食品市場や輸送、サービスセクターで働く人など特定のグループの免疫を高めることが狙いだと説明。 当局は今秋から冬に懸念される感染拡大リスクに備え、この緊急利用プログラムを拡大することを検討する可能性があるとした。 同氏によると、ワクチン候補の緊急利用に関するガイドラインは6月24日に承認されたが、公表されていない。 同氏は、中国のコロナワクチンの価格はコストとほぼ同水準に設定されるとし、「企業が利益を得られないわけではない。企業はかかったコストに基づいて妥当な利幅を決めるべきだ」と述べた。 中国医薬集団(シノファーム)のLiu Jingzhen会長は、傘下の中国生物技術(CNBG)が開発中の新型コロナワクチンについて、2回接種分の価格は1000元(144ドル)以下になるとの見通しを示している。 Zheng氏はこれに関連し「(価格は)Liu氏が述べた額を確実に下回るだろう」と語った。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。