安倍晋三首相は24日午前、先週に続いて東京・信濃町の慶応大学病院に入った。体調への懸念が広がる中、会見した菅義偉官房長官は、残りの任期のために「追加検査を行っている」と語った。 安倍首相は午前10時前、車で慶応大病院に到着。今月17日に続き、2週連続で同病院に入った。 菅官房長官は午前の会見で、体調に万全を期すためだとした上で、「先日の検査を受けての追加検査と聞いている」と述べた。 共同通信によると、首相官邸は「先週の受診時に医師から1週間後にまた来るよう言われており、受診は前回の続き」と説明。一方、日本テレビは、検診ではなく「持病の治療を受けた」とする複数の政府・与党関係者の話を伝えている。 安倍首相は17日、「日帰り検診」で約7時間半にわたって同病院に滞在した。19日に夏季休暇を終えた首相は、「体調管理に万全を期すために先般、おととい検査を受けた。これから仕事に復帰して頑張っていきたい」と語っていた。 安倍首相は第一次政権時の2007年、持病の潰瘍性大腸炎が悪化して退陣している。 安倍首相の連続在任期間は24日、歴代最長を更新した。2012年に再登板してから2799日がたち、佐藤栄作首相を抜いた。 首相の任期はまだ1年程度残っており、菅官房長官は「そのために追加検査を行っていると思っている」と述べた。 (竹本能文 久保信博)[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他