米ウィスコンシン州の都市ケノーシャで23日夕、警官が黒人男性に発砲したことを受け抗議活動が発生、外出禁止令が発令された。 地元メディアによると、男性は武器を携帯していなかったが、警官に複数回撃たれた。病院に搬送されたが、重体という。 ウィスコンシン州のエバーズ知事によると、男性はジェイコブ・ブレークさん。 ソーシャルメディアに投稿された情報によると、現場には多くの人が集まり、警察にレンガや火炎瓶を投げつけた。 エバーズ知事は「過度の武力行使と緊張激化に反対する」とツイッターに投稿した。 ケノーシャの警察によると、発砲事件が起きたのは現地時間の午後5時頃。警官は「家庭内の問題」に対応していたという。発砲後、警察は男性をすぐに病院に搬送したが、なぜ発砲したかについては明らかにしていない。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 米ウィスコンシン州の都市ケノーシャで23日夕、警官が黒人男性ジェイコブ・ブレークさんに発砲した。 WGN News / YouTube 【関連記事】 ・バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他