<かつて政治的動乱の最前線となったタイの大学で、学生活動家が王室批判を展開> 今年に入りタイ全土で反政府デモが続くなか、一部の学生活動家たちの行動に注目が集まっている。最近、タマサート大学ランシット・キャンパスで行われた抗議活動で、王室を直接的に批判したためだ。タイでは、王室批判はタブー中のタブーとされてきた。 タマサート大学がタイの政治的動乱の最前線になるのはこれが初めてではない。1976年に同大学で起きた出来事の暗い記憶は、不吉な黒い雲のように活動家たちの頭上に垂れ込めている。 今年の反政府デモは、2月に憲法裁判所が野党・新未来党の解党を命じたことを発端に始まった。その後、新型コロナウイルスの感染予防策として大規模集会が禁止されたことで、抗議活動はすぐに沈静化したかに思えた。 しかし、6月初めに有力な民主活動家のワンチャルーム・ササクシットが失踪したことで、抗議活動は再び勢いを増し始めた。カンボジアのプノンペンで亡命生活を送っていたワンチャルームは6月4日、自宅近くで武装した男たちに拉致された。それ以来、消息は分かっていない。 7月18日には、首都バンコクの民主記念塔周辺に抗議の市民数千人が集結。2014年の軍事クーデター以降、権力を握り続けているプラユット首相の政権に抗議し、軍政下で制定された憲法の改正、活動家への処罰の中止、議会の解散を要求した。 その後、抗議活動は勢いを増していった。それでも、批判の矛先はあくまでもプラユット政権と、強大な政治的影響力を握り続けている軍に向けられていた。 状況が変わったのは8月10日夜。バンコクの北42キロにあるタマサート大学ランシット・キャンパスで行われた抗議集会で1人の学生が演説し、王室を公然と批判したのだ。学生が掲げた要求の中には、王室による公金使用の抑制などに加えて、不敬罪の廃止も含まれていた。 不敬罪は、国王や王族を中傷したり、侮辱したり、敵意の対象にしたりした人物に、最高で15年の禁錮刑を科す法律だ。この法律は、1976年にタマサート大学で起きた出来事を機に厳格化されたものだ。 1976年10月4日、バンコクの中心部に位置するタマサート大学タープラチャン・キャンパスで学生が演劇を上演した。その中に、若者たちが首をつるされる場面があった。これは、この少し前に2人の民主活動家がリンチを受けて絞殺されたことに抗議するものだった。 【関連記事】闇に消される東南アジアの民主活動家たち 【関連記事】国王の一声で停止されたタイの「不敬罪」は、いつ復活してもおかしくない ===== ところが、王室支持派は、当時の皇太子(現在の国王)の絞首刑を表現したものだと批判。警察と王室支持派の武装勢力がキャンパスを襲撃し、学生たちに暴力を振るい、性的暴行やリンチを行った。 当局によれば、これにより46人が死亡、167人が負傷したとされているが、実際には少なくとも100人以上が死亡したとみられている。軍は、学生たちの活動を王室に対する脅威だと批判し、10月6日にクーデターにより政権を奪取した。 この惨劇から30年以上。いま再びタマサート大学のキャンパスを舞台に、学生たちがタイ最大のタブー、すなわち王室批判を展開している。 軍の支持を受けたプラユット政権と王室支持派は、今のところ抑制的な対応を取っている。しかし、政府とその支持勢力が活動家たちの要求を突っぱねれば、1976年のような惨劇が再び起きないという保証はない。 From thediplomat.com <本誌2020年9月1日号掲載> 【関連記事】闇に消される東南アジアの民主活動家たち 【関連記事】国王の一声で停止されたタイの「不敬罪」は、いつ復活してもおかしくない 【話題の記事】 ・12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる ・介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他