<コロナ禍で人と物の往来が止まり、世界は「脱グローバル化」していくとも言われるが、どんな影響があるのか。11人の識者がその行く末を占う本誌「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集から、細谷雄一・慶應義塾大学教授の論考を公開。ナショナリズムとグローバリズムは振り子のように推移してきた──> 国境を越えた人の往来が消えた。新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻化していた3月から4月にかけては、グローバルなサプライチェーン(原材料や部品の調達から製造、消費者の手に届くまでの流れのこと)が機能麻痺をした。 3月5日に開かれた政府の未来投資会議で、安倍晋三首相はそのような状況を受けて、「一国への依存度が高い製品で付加価値が高いものはわが国への生産拠点の回帰を図る」と述べ、その後4月の補正予算では、中国から日本にUターンする企業に向けた2200億円の移転費用のための会計を盛り込んだ。かつてのグローバル・サプライチェーンは後退していき、大量の人や物が国境を越えて動くグローバル化の時代は終わりつつあるのだろうか。 国際政治学者の一部は、従来われわれが見慣れてきた形でのグローバル化が、もはや終わりを迎えようとしているのではないかと論じている。確かに国境を越えた人の往来は、大きく制約されている。他方で、感染拡大が落ち着き、経済活動が復活しつつあるなかで、再び物流が動き始めている。 多くの企業は、果たしてこれからの経営戦略として、生産拠点を中国から国内へ回帰させるべきか、あるいは今後の中国の経済成長と市場規模を見込んで中国との取引を重視していくべきかという困難な選択を強いられている。国家も企業も、長期的な戦略を検討する上で、予測困難な未来をある程度見通さなければならない。 世界史の逆流は以前から まず、確認しておきたいことがある。既に、コロナウイルスの感染拡大が進行する前から、グローバル化の後退を語る論考が少なからず見られたことである。すなわち、冷戦終結直後に語られていた、世界が「一つ」になるという楽観的なグローバル化への期待が、現在大きく後退していたのである。それはどういうことであろうか。 ドイツの若き俊英の哲学者、マルクス・ガブリエルは『世界史の針が巻き戻るとき』(2020年、PHP新書)において、「今日、移民問題や財政問題などを契機に、ヨーロッパではまさに『国民国家の復活』が起きています」と論じ、「何が理由であれ、古き良き十九世紀の歴史が戻ってきています」と述べている。 同様に、アメリカの保守を代表する論客であるロバート・ケーガンも2008年には、国家間の対立が顕著となった現実を直視して、次のように論じていた。「利害の衝突と大国の野望が、新世界秩序に代わる同盟と反同盟の構図をつくり、一九世紀の外交官にはおなじみの移ろいやすい同盟関係をもたらした」(『民主国家vs専制国家 激突の時代が始まる』徳間書店) ===== つまりは、既にここ10年ほどの間、大国間、とりわけ米中間の地政学的な対立と、国際協調や法の支配を擁護するようなリベラルな国際秩序の後退が進行しており、そして反グローバリズム運動に支えられて国民国家の復権が語られていたのである。 ナショナリズムがグローバル化を侵食し、国際協調はより困難となっていた。15年の欧州難民危機、そして同時期におけるテロ事件の多発は、国境を越える人の移動に対する抵抗感と嫌悪感を醸成した。 また16年6月のイギリスにおける国民投票の結果としてのEU離脱の決定、そして同年11月のアメリカ大統領選挙でのドナルド・トランプ候補の勝利は、国家間の「壁」を構築することを米英の国民が賛美する様子を示すものであった。 そのような潮流の中でコロナ禍が広がったことで、米中間の相互不信が一気に増幅され、国際協調はさらに退潮し、国際組織はよりいっそう無力となった。すると、海洋国家としてのアメリカと、大陸国家としての中国がユーラシア大陸の外縁部で対峙するような地政学が復活し、国民国家が復権して、国境や領土がより大きな意味を持つようになったのだ。世界史の逆流は既に始まっていたのである。 そもそも多面的で複合的 それでは、国境がより大きな意味を持ち、グローバル化は衰退していくのか。そうはならないであろう。重要なことは、グローバル化とはそもそも多面的で複合的であることだ。 マンフレッド・スティーガーはその著書『新版 グローバリゼーション』(岩波書店)の「第2版はしがき」において、「グローバリゼーションが何がしかの単一の主題の枠組みには限定しがたいものであって、一連の多次元的な社会的過程として考察するのがもっとも適切である」と主張している。「多次元的な社会的過程」ということは、グローバル化が進む次元もあれば、後退する次元もあるということだ。 コロナ禍の下の世界においては、国境を越えた人の移動は停滞して従来のような往来が期待できない。とはいえデジタル化のより一層の促進と、5Gの導入によるインターネットの高速化により、情報はより多く、より早く、国境を越えて移動することになるであろう。それはまた、オンラインで人と人がつながり、情報や危機感を共有して、世界が「一つ」になることを意味する。 【関連記事】ポスト・コロナの世界経済はこうなる──著名エコノミスト9人が語る ===== 世界史においてグローバリズムが強まる時代と、ナショナリズムが強まる時代があるとすれば、それは振り子のように推移していくはずだ。冷戦終結直後にはグローバル化への期待が見られ、他方で現在はむしろそれへの政治的反発が強まり、多くの国でナショナリズムが復権している。実態としてのグローバル化が進むということと、人びとの意識を支配するイデオロギーとしてのグローバリズムが普及することは同じではない。 これからコロナ禍の影響が各国経済を深刻にむしばむことで、困難が増幅されたときに憎しみの感情が膨らみ、グローバリズムというイデオロギーに対して敵対的となる可能性がある。自らの職を奪い、自国の文化を破壊するものとして、それへと反発する感情が増幅されるであろう。だとすれば、国際協調はよりいっそう困難となる。 われわれは、実態としてのグローバル化が多くの領域で進展するなかで、反グローバリズムの感情により政治がますます動かされるという矛盾した困難な時代に突入することになるのだ。 <2020年9月1日号「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集より> 【話題の記事】 ・新型コロナで激変する世界の航空業界、その未来は中国が決める ・限界超えた米中「新冷戦」、コロナ後の和解は考えられない ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他