<人と物の往来が途絶えた今、欧米では「グローバル化」の行く末が盛んに論じられている。いつか元通りになるのか、それとも世界秩序は形を変えるのか。例えば、コロナ禍で大打撃を受けた観光業はどうなるのだろうか> 『コロナ後の世界』(文春新書)、『アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド』(日経BPムック)、『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』(文藝春秋)......。 新型コロナウイルス感染症が世界を覆い尽くし、その長期化が明らかとなる中、コロナ時代を展望した書籍が人気を博している。 雑誌やテレビ、新聞、ウェブメディアでも、業界ごとの影響を特集したり、個人の働き方に焦点を当てたりした記事が出ており、「これから世界がどうなるか」は人々の関心事だ。そしてもちろん、議論が盛んになっているのは日本だけではない。 とりわけ欧米で盛んに論じられているテーマのひとつが「グローバル化」だ。感染症が地球の隅々にまで蔓延し、あらゆる国が国境を閉ざし、人と物の往来が途絶えた。当たり前のように他の国に行けた「グローバル化した世界」は、瞬時にして姿を消した。 いつ元に戻るのか? 何十年と世界経済の発展を牽引してきたグローバル化が終わり、世界はこれから「脱グローバル化(deglobalization)」していくと、本気で考えている人はそう多くないのかもしれない。 しかし、例えば働き方について、以前と全く同じに戻ることはないなどと言われるように、あるいはキャッシュレス化など、以前から始まっていたデジタル化が加速するなどと言われるように、「グローバル化した世界」も完全には元通りにならないのではないか。 ニューズウィーク日本版では8月25日発売号で「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集を組み、国内外11人の識者に、新型コロナ禍でグローバル化がどうなるか、それが特定の業界や分野にどのような影響を与えるかを論じてもらった。 その1人、国際政治学者の細谷雄一・慶應義塾大学教授は、グローバル化の後退は既に10年近く前から論じられていたことを指摘しつつ、「グローバル化とはそもそも多面的で複合的」だと、安易な脱グローバル化論にくぎを刺す。 【関連記事】コロナでグローバル化は衰退しないが、より困難な時代に突入する(細谷雄一) 一方、同じく特集寄稿者のウィリアム・ジェーンウェイ(ベンチャーキャピタリスト)は、グローバル化の第2波は2008年のリーマン・ショックと今回のパンデミック(世界的大流行)を機に「後退」局面に入るとしている(ジェーンウェイはグローバル化には2つの波があり、第1波は第1次大戦でピークを迎えたとする)。 ===== 他にも、アメリカ、新自由主義、サプライチェーン、エネルギー、観光業、中国企業、英語、都市、イスラム過激派と、さまざまなテーマを特集では設けたが、全体として見えてくるのは、グローバル化がまさに「多面的で複合的」であり、そしてどの業界・分野においてもコロナ禍の影響は大きいということかもしれない。 人と物の往来が途絶えたことで最も打撃を受けている業界の1つは、観光業だ。私たちはもう海外旅行に行けないのか。外国人が日本に観光に来ることはもうないのか。 『新・観光立国論』(東洋経済新報社)などの著書があるデービッド・アトキンソン(小西美術工藝社社長)は「コロナ禍においても、グローバル化は止まらず、観光は死なない」と述べつつ、日本の観光業が抱える問題については、こう指摘する。 「究極的には観光業の復活は検査に懸かっている」 検査とはPCR検査のこと。パンデミック(世界的大流行)までのここ数年、日本の観光政策は随分と是正され、成果を上げてきた――訪日客数の急増だけではない――のに、このままではコロナ禍を乗り越えられないとの見立てだ。 新型コロナウイルスによって、ひびが入った「グローバル化した世界」。現状をどう捉え、どのように対処していくかが、いま問われている。 【関連記事】ファーウェイ・TikTokが対中制裁を生き抜く理由 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他