<コロナ禍でグローバル化が揺らぎ、米中の対立が激化、中国IT企業は海外展開できなくなり破綻の危機に陥る──というのは本当か? 本誌「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集より> 今の危機をどう捉えているか? ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本)の王剣峰(ジェフ・ワン)会長は筆者の質問にこう返した。 「20年前のほうがつらかったなぁ」 世界的な大企業であるファーウェイだが、1987年の創業以来、何度か存続の危機に直面してきた。昨年来の米国による制裁も大事件だが、王会長が入社した2001年はドットコム・バブル崩壊の影響からいつ倒産してもおかしくない状況だった。王の言葉は強がりに聞こえなくもないが、さて、いずれの危機がより重大なのか? 米国の制裁は確かに厳しい。だが、20年前と違うのは中国市場の大きさだ。中国のGDPは2019年に約14兆ドルと、2001年の約10倍にまで成長している。世界市場から閉め出されたとしても中国市場を取るだけで「世界的大企業」の座を維持できてしまう。 ファーウェイは2020年第2四半期にスマホ出荷台数世界1位を記録した。米国の制裁でグーグルのサービスが搭載できず世界販売は落ち込んでいるが、新型コロナウイルスの抑え込みに成功した中国での販売がいち早く回復し、初の1位奪取を成し遂げた。5G基地局の販売も好調だ。英国での不採用が決まるなど基地局でも海外販売は苦戦しそうだが、中国だけで400万局以上、日本の20倍近い需要がある巨大市場である。この中国市場を守れれば、ファーウェイが致命傷を負うことはない。 ファーウェイに続いて米中対立の最前線に引きずり出された動画アプリ「TikTok」の運営企業バイトダンスについても構図は似ている。同社は非上場企業のため収益構造の詳細は明らかでないが、海外事業はまだ投資段階で利益を生み出す状況にない。中国で稼いだ金を注ぎ込み、赤字を垂れ流しながらグローバルに戦ってきた。海外市場から撤退すれば、高収益の中国市場だけが残る。 もちろん、両社にとって制裁が痛手であることは確か。世界トップの企業になるという輝かしい夢からは一歩後退するのだから。だがそれで破綻するわけではないし、中国市場だけでも大企業として生きていける。中国のGDPは世界2位、成長ペースは鈍化したとはいえ、そろそろ日本の3倍に達しようかという巨大経済体だ。米国がどれだけ圧力をかけても、中国との関係を維持する国も多い。経済制裁で降伏させようとしても、どだい無理な話である。 【関連記事】コロナでグローバル化は衰退しないが、より困難な時代に突入する(細谷雄一) 【関連記事】中国企業は全て共産党のスパイ? 大人気TikTokの不幸なジレンマ ===== 中国相手の商売が封じられた米国企業も傷ついている。だとすれば米中デカップリング(切り離し)にどれほど意味があるのか。さらに制裁によって中国企業がより内向きになり世界との接点が減れば、国際社会は中国への影響力を失ってしまう。 虚構の上の米中関係だった 本来は中国との関係を保つべきだが、対立には仕方がない部分もある。そもそも価値観・イデオロギーが異なり、潜在的な競争関係にある米中が密接な経済関係を結んできたほうが異常なのだ。今までは「中国は豊かになれば民主的に変わるので、それまでは......」という虚構がよりどころとされてきたが、現実に直面した今は新たな付き合い方を模索する必要がある。誰にとってもうれしくない面倒な作業だとしても、だ。 模索がどこに帰着するのか、現在はまだ見えない。交渉と対立に疲れ果てて現状維持になるのか、米中の経済圏が真っ二つに割れるのか、それとも異なるイデオロギーの国家同士が経済的結び付きを得る新たなルールを見いだすのか。過去数十年にわたり、グローバリゼーションが世界経済を発展させる主要な力となってきたことを考えれば、第3の選択肢が実現することを期待するしかない。赤い動画アプリであっても安心してダンスを踊れる世界は、果たして到来するのだろうか。 <2020年9月1日号「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集より> 【関連記事】コロナでグローバル化は衰退しないが、より困難な時代に突入する(細谷雄一) 【関連記事】中国企業は全て共産党のスパイ? 大人気TikTokの不幸なジレンマ 【話題の記事】 ・新型コロナで激変する世界の航空業界、その未来は中国が決める ・限界超えた米中「新冷戦」、コロナ後の和解は考えられない ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ヌード写真にドキュメントされた現代中国の価値観 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他