<日本同様、コロナ禍で飲食店の売上が減る韓国で、宅配サービスが新たな試みを始めた> 新型コロナの感染拡大で外出自粛が呼びかけられてから、外食を控える人が増加し、ウーバーイーツなど食品の宅配サービスが日本で定着してきたように思える。一方、お隣の国・韓国は、以前から配達天国として有名だった。ソウルの真ん中に流れる河川「漢江」でも、電話一つで河川敷にチキンや麺料理が宅配できるほどだ。もちろん家にもいろいろな食堂の宅配メニューが1冊になったフリーマガジンが毎日のように届けられる。 出前大国でありながらIT大国でもある韓国では、配達アプリも広く浸透している。数ある出前アプリの中でも、特に成功を収めているのが「ベミン」と呼ばれるアプリ「配達の民族」(배달의민족)だ。まさに出前好きな韓国人を表したようなネーミングと言えるだろう。 シェア63%という人気サービス「配達の民族」 「配達の民族」は、2010年にアプリ配信が開始された出前注文サービスである。それまで韓国では、直接お店に電話をかけて注文をする一般的な出前スタイルだった。しかし、このアプリでは、わざわざ通話しなくても、入力だけでオンライン注文ができる。 韓国人はもちろん、電話越しの会話に自身の無い外国人にも、出前を気軽に行えるようにしたのもこのアプリだ。もちろん、一部のフランチャイズなどでは、その前からオンライン注文を行っていた店も存在したが、「配達の民族」はアプリの中から様々なジャンルの料理が検索でき、出前できるお店も多様である。 ウーバーイーツとの大きな違いは、配達にある。「配達の民族」は、ウーバーイーツのようにデリバリー分野まで請け負っているわけではない。注文をお店側に伝え、配達はお店が個別に契約した配達代行業者が行っている。 そんな配達の民族が、今年さらなる進化を見せようとしている。韓国では、コロナの感染拡大後、様々なアイデアで非接触サービスが見直されるようになった。宅配の民族はこれを機にロボットを使ったデリバリーを開始しようとしている。 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ===== 大学キャンパスなどでロボット配達の試験サービス 通信会社SKテレコムと協力し、次世代ネットワーク5Gの活用で実現可能となったこの宅配ロボットの名前は、「ディリドライブ」だ。6つのタイヤの上のボディーフォルムは、蓋をしたお鍋の形にも見える。前方には大きな目が付いており、安全対策として「配達の民族」のテーマカラーであるブルーの旗が付いている。一度の充電で8時間の稼働が可能で、時速4〜5Kmで走行する。約6人前分の重さまで運ぶことができ、ライトもついているため夜間配達にも対応しているという。 すでに昨年の11月からテスト運用が開始され、建国大学構内で約1カ月間ロボット配達が行われた。さらに今月18日には、水原市内のマンション1100世帯を対象に、配達ロボットのサービスを開始すると発表した。まずは5台で運用をスタートするという。しかし、自動運行ロボットといっても、まだ自分でエレベーターに乗ったり、ボタンを押したりすることはできないので、注文したお客はマンションの1階か、外の指定場所に取りに行くシステムとなる。 また、横断歩道では自動的に一旦停止し、映像官制システムに繋がるようになっている。その後、リアルタイムで人間がロボットを制御し横断させる仕組みだという。路上運行はまだ時間がかかりそうだが、これからアパートや公共施設、学校単位で徐々に広まっていき、最終的にはSF映画のようにどこにでも配達可能なシステムになりそうだ。 レビュー内の悪質コメントをAIでチェック 「配達の民族」のハイテク化といえば、アプリ内のお店レビューにおいて、悪質な誹謗中傷コメントの監視にAI(人工知能)を採用していることも有名である。韓国人は日本人に比べて、レビューや口コミを重視する傾向にあり、レビューはお店の選定を大きく左右する。監視機能AIは、今年上半期だけでもアプリのレビュー内に約7万件の誹謗中傷コメントを摘発し、削除と書き込みした人のIDの投稿禁止処置を行う好成果を見せた。 日本でも、今年はオンラインでの誹謗中傷問題が注目を集めているが、ライバル食堂を潰す目的以外にも、ただストレス発散のため、悪口を書き込みたい人のレビューを防止する「レビュー掲示中断プロセス」が先月末から導入されている。 なかでも画期的なのは、お店側が悪質と判断したレビューの掲載中断を要請すれば、30日間の臨時措置として掲載が中止され、この期間中にお店側とレビューを投稿したお客それぞれの意見を調整することができるようにした。誹謗中傷を対話で解決させようという取り組みは、原始的ながら一番重要な解決策なのかもしれない。 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ===== 地方の小規模店向けにオンライン講座も このように、業界トップになり世間から注目を集めると、社会貢献も求められるようになる。もちろん、「配達の民族」はそのあたりも抜かりがna い。まず、韓国は今年の夏、水害に苦しめられた。そこで、「配達の民族」は、8月19日に7〜8月の売り上げをポイントとして自営業者に還元すると発表した。 さらに、オンラインアカデミー「花より売り上げ」を開講し、地方でひっそりと営業している食堂の店長を対象に、食堂ビジネスのノウハウなどをオンライン講義で受講できるシステムを発表した。講義内容を見てみると、9月から7週間10回の授業で、「メニューの開発」「企画」「原価と売り上げ」など、配達の民族アプリの膨大なデータと実際に成功しているお店の実例をパターンにした授業になるという。 コロナウイルスの感染拡大のため、アンコンタクトと呼ばれる「接触しないサービス」が世界中で広まっている。「ピンチはチャンス」という言葉があるが、「配達の民族」は、突然やってきたアンコンタクト時代に素早く対応し、ロボット配達やオンライン授業などを導入して新たなステップに踏み出そうとしている。 これから時代、ビジネスの成功のカギは、臨機応変に乗り越えるアイデアと、それを実現させる行動力にあるのではないだろうか。 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他 ===== 大学キャンパス内で働く「配達のロボット」 建国大学でのロボット配達の実験のようす Konkuk University / YouTube 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他