北朝鮮では27日朝方に台風が上陸した。国営テレビは夜通し台風情報を流し、豪雨による倒木や建物の崩壊など被害状況を伝えている。 北朝鮮では8月に入り、豪雨による洪水で既に農作物に被害が出ている。 金正恩朝鮮労働党委員長は、党の政治局拡大会議で、新型コロナウイルスと台風への備えを呼び掛けた。国営の朝鮮中央通信社(KCNA)が26日、伝えた。 米国の北朝鮮研究サイト「38ノース」によると、北朝鮮の国営テレビが番組などを中断して台風情報を随時伝えるのは異例。 韓国気象当局によると、台風は27日朝、首都平壌の南西約50キロの地点に上陸した。 北朝鮮の国営テレビは、平壌にある大同江(テドン川)の水位が上昇している様子を伝えている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 朝鮮中央TVは27日未明から地域別の被害状況を詳しく報道した。 연합뉴스 Yonhapnews / YouTube 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他