安倍晋三首相は28日、辞任を表明した。首相は会見で、持病が再発したことを明らかにし「国民の負託に自信持って応えられない以上、総理の職を辞することにする」と語った。 以下は、海外要人の反応。 英国のジョンソン首相 安倍氏は日本の首相として、日本のため、そして世界のために素晴らしいことを成し遂げた。安倍首相の下で、英日の通商、防衛、文化面での関係は強化された。長年の務めに感謝すると同時に、健康を祈る。 ロシア大統領府のペスコフ報道官 ロシア大統領府は、安倍首相が辞任を決意したことを残念に思う。プーチン大統領は安倍首相と「素晴らしい」関係を築いた。 オーストラリアのモリソン首相 安倍首相は、誠実で良識の人だ。地域、世界において高位の政治家であり続け、開放的な貿易の強力な推進者で日本にとって卓越した国際外交官でもある。地域の繁栄と安定を支持し、第一級の経験豊富な政治家としてリーダーシップを発揮した。 われわれが新型コロナウイルス流行による健康・経済面の影響に対応する中、安倍首相は地域のリーダーとして、前例のない貢献をした。 台湾の蔡英文総統 安倍首相は台湾に常に友好的で、政策であれ、台湾住民の権利や利益であれ極めて前向きだった。彼の台湾に対する友好的な気持ちを高く評価し、健康を祈る。 韓国大統領府報道官 安倍首相は韓日関係に大きな役割を果たしてきた。突然の辞任は残念だ。 韓国は引き続き日本の新首相、新内閣と協力し、両国関係の改善を図る方針だ。 *情報を追加します。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・安倍首相が辞任を表明、持病が再発 「国民の負託に応えられず」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・風雲急を告げるポスト安倍レース 後継候補の顔ぶれは? ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他