*第2次安倍政権発足後の推移 第2次安倍内閣 2012年12月26日から2014年9月3日まで 2013年1月、政府・日銀が共同声明、3月黒田総裁就任 2013年7月、参議院選で与党勝利 2013年9月、東京五輪開催が決定 2014年4月、消費税8%に引き上げ 2014年5月、内閣人事局設置 2014年7月 集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈変更を閣議決定 第2次安倍改造内閣 2014年9月3日から12月24日まで 2014年11月、首相が景気条項に基づき、消費増税の1年半先送りを表明 (15年10月予定を17年4月に) 2014年11月21日 衆議院解散 第3次安倍内閣 2014年12月24日から 2015年10月7日まで 2015年8月、戦後70年の首相談話 2015年9月、安全保障関連法成立 2015年9月、自民党総裁選挙、安倍首相が無投票で再選 第3次安倍改造内閣 2015年10月7日から2016年8月3日 2015年12月、慰安婦問題で日韓合意 2016年1月、日銀、マイナス金利付き質的・量的金融緩和導入 2016年5月、伊勢志摩サミット 2016年6月、首相が消費増税の再延期を表明 (2019年10月に先送り) 2016年7月、参院選で与党勝利 第3次安倍第2次改造内閣 2016年8月3日から2017年8月3日 2016年8月、自民党幹事長に二階氏 2016年8月、天皇陛下「象徴としてのお務めについてのお言葉」 生前退位の意向を表明 2016年9月、日銀、長短金利操作付き量的質的金融緩和へ 2016年11月、米大統領選挙でトランプ氏が勝利 2016年12月、山口で日ロ首脳会談 2017年5月、首相が2020年に憲法改正施行を目指すと表明 第3次安倍第3次改造内閣 2017年8月3日から2017年11月1日 2017年9月、衆議院解散(消費税の使途変更を掲げる) 2017年10月、衆院選で与党勝利 第4次安倍内閣 2017年11月1日から2018年10月2日 2018年3月、米国を除く11か国がTPPに署名 2018年5月、米朝首脳会談 2018年9月、自民党総裁選挙、首相が勝利 第4次安倍改造内閣 2018年10月2日から2019年9月11日 2019年4月、天皇陛下が退位 2019年5月、新天皇即位、元号が「令和」に 2019年5月、トランプ米大統領来日 2019年6月、大阪でG20首脳会議 第4次安倍第2次改造内閣 2019年9月11日から 2019年10月、消費税率10%に引き上げ 2020年3月、東京五輪・パラリンピックの延期決定 2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他