ジャパンディスプレイ(JDI)は28日、白山工場(石川県白山市)をシャープなどに約700億円で売却すると発表した。JDIは構造改革を進め、シャープは生産能力拡充や基盤強化に活かす。 シャープに白山工場の土地と建物を412億円で売却する。米アップルとみられる顧客企業に対する同工場の液晶ディスプレー生産設備の売却は、8500万ドル(約90億円)相当を追加する。3月末に発表していた一部装置の2億ドルでの売却を含めた譲渡価格は計6億7500万ドル(約713億円)となる。 売却で得る資金は、アップルからの前受金の返済に充てる。その上で残る前受金2750万ドルは、自己資金で返済する。一連の売却を通じ、営業外収益と特別利益に計約268億円計上するほか、特別損失が最大約116億円生じる見込み。 今後は、有機ELの生産拠点で白山工場の約2倍の生産能力を持つ茂原工場(千葉県茂原市)を中心に高付加価値製品の生産を継続する方針。これまでモバイル事業部の子会社化を検討していたが、白山工場売却を通じた前受金の返済にめどがつき、子会社化の目的が達成できたと判断し取りやめる。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他