ドイツの首都ベルリンで29日、新型コロナウイルスの行動規制などに抗議する複数の抗議デモが行われ、約3万8000人が参加した。一部がマスク着用などの感染予防対策を怠ったことから、警察は約300人を逮捕した。 欧州では新型コロナの感染が再び拡大しているが、感染封じ込めのための規制に対する不満が高まっており、パリやロンドンなどでも同様のデモが29日に行われた。 ベルリンの警察はツイッターに「残念だが他の選択肢はない」と投稿し、一部がデモ参加条件として義務付けられた予防対策を順守しなかったと説明した。 ベルリンのブランデンブルグ門近くでは夜になっても数千人が集まり、一部が石や瓶などを投げるなどした。政府はこうした参加者を「過激派」と批判し、約200人を逮捕したと発表した。複数の警察官が負傷したという。 ドイツでは行き届いた検査体制により、新型コロナの感染や死者が他の欧州諸国よりも少ない。ただ、ここ数週間は新規感染者が増加傾向にある。メルケル首相は28日、感染への警戒を続けるよう国民に呼びかけた。 一方、デモ開始前にブランデンブルグ門に集まった参加者は「コロナの嘘をやめろ」、「メルケルは退陣しろ」などと書かれたプラカードを掲げ、政府の新型コロナ対策を批判した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他