<8月には欧州各地でも「反マスク運動」が頻発> 新型コロナ対策としてロックダウン(都市封鎖)を行わず集団免疫戦略を取るスウェーデンで、6月末以降減少傾向だった新規感染者が一転、8月初旬から再び増加している。公衆衛生庁は「新たな感染拡大の危機」と警告した。 そんななか、同国のコロナ対策を主導してきた疫学者アンデシュ・テグネルは、マスクの効果を疑問視する発言を続けている。8月後半の英紙インタビューで、「マスクが全てを解決してくれると信じるのはとても危険だ」と話した。「マスクは他の対策を補完するかもしれないが、マスクをすれば混雑したバスやショッピングモールに行けると考えたら大間違いだ」 カールソン公衆衛生庁長官もこれに同調。「スペインやフランスなどマスク着用を義務化している地域でも、感染が拡大している」と述べた。 ヨーロッパでは8月、各地でマスク強制への抗議活動が頻発。スペインやベルギーなどで人々がマスク着用義務化反対のデモを行っている。 <2020年9月8日号掲載> 【関連記事】中国製コロナ検査キットまた欠陥 スウェーデンで約3700人に偽陽性 【関連記事】スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか 第二波におびえる日本の対策はそれより緩い 【話題の記事】 ・12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる ・介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。 ===== ドイツで行われた大規模な反マスク運動 Global News-YouTube