<原油価格はどうなるか、エネルギー関連投資はどうなるか。パンデミックが石油の構造を大転換させるかもしれない、これだけの理由。本誌「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集より> 石油業界は史上まれにみる激動期を経験した後、徐々に回復しつつある。今年3~4月には、需要の落ち込みと供給過剰、貯蔵能力の限界に強烈な投機的売買が重なり、一部の原油先物価格はマイナスに転落した。だが現在、需要は回復に転じ、供給は抑制されている。 だからと言って、危機を脱したわけではない。石油生産者にとって、最大のリスクは景気循環ではなく、業界の構造的問題だ。実際、ピークオイル(石油生産量が構造的な減少トレンドに転じる直前に最大化する現象)がついにやって来たという見方が強まっている。 1950年代以降、原油の生産は間もなく限界に達し、石油不足の時代が来るという説が何度も唱えられたが、いずれも空振りに終わった。こうした説は世界の原油埋蔵量と、物理的制約を克服する技術の力を過小評価する傾向があったためだ。 そして今、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がついにこのパターンを打ち破るかもしれない。ただし、今回のピークオイルは供給側ではなく、需要側の変化によってもたらされる可能性がある。 過去60年間、石油の需要はほぼ右肩上がりに増加してきた。現在の世界の需要は1960年の5倍近い。しかし、新型コロナは個人の行動や社会の優先順位を決定的に変えることで、石油需要の増加トレンドも変える可能性がある。 第1の変化の要因は、人々の移動の在り方だ。観光客の移動は数年後にはコロナ危機以前のレベルに戻りそうだが、ビジネス関係の移動はリモートワークの普及で激減する可能性がある。一部の推計によると、ユーロ圏では4分の1以上の仕事が自宅でこなせるという。 出張の相当部分もビデオ会議に取って代わられるかもしれない。一部の企業活動は世界的なサプライチェーンに対するショックを緩和するため、国内回帰が進む可能性もある。非熟練労働者への依存度を低下させる新しいデジタル技術の登場によって、生産を世界中に分散化させようとする企業の意欲も低下しそうだ。 そして、パンデミックに伴うロックダウン(都市封鎖)が大気の質に与えるプラスの影響は、将来的に環境重視の行動を強化する可能性がある。約40億人が自宅に閉じ籠もった4月、世界中で大気汚染が一気に改善したことは、政策担当者に二酸化炭素排出量を本気で削減するための明確な方向性を示唆した。 【関連記事】新自由主義が蝕んだ「社会」の蘇らせ方 ===== 実際に石油需要がもうすぐピークを打つかどうかは、誰にも分からない。少なくとも短期的には、人々が感染リスクを避けてマイカーに乗るため、石油の消費はむしろ増えるかもしれない。市場調査会社Ipsosが中国で行った調査によると、バスや地下鉄の利用率は57%減ったが、自家用車は2倍に増えた。 原油価格は逆U字型に? それでも石油生産者はピークオイルの可能性を真剣に考えている。国際エネルギー機関(IEA)によると、見通しの不確実性と景気の急激な悪化が相まって、今年のエネルギー関連投資は世界で30%縮小する。 需要が急減すれば、石油価格は低下する可能性が高い。供給を制約する地政学的緊張が生じなければ、今後5年間の原油価格は逆U字型で推移する可能性がある。いったん1バレル= 60 ドルまで上昇した後、40ドルまで下がるというシナリオだ。 言うまでもなく、エネルギーをめぐる経済環境の激変は一夜にして起こるものではない。だが、新型コロナはそのプロセスを加速させる可能性がある。原油先物価格がマイナスになった3月のように、生産者は自社の最大の資産が実は負債だったことに気付くかもしれない。 From Foreign Policy Magazine <2020年9月1日号「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集より> 【関連記事】 ・コロナでグローバル化は衰退しないが、より困難な時代に突入する(細谷雄一) ・サウジ石油施設攻撃などの地政学的リスクは株価にどう影響するか ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。