香港政府は1日、全住民を対象とする新型コロナウイルスの無料検査を開始した。 検査は中国本土から派遣された60人の医療チームが主導。地元の医療関係者や住民の間では懐疑的な見方も出ており、一部の民主派の活動家はボイコットを呼び掛けている。[nL4N2FN27B] 本土からの直接支援は、感染が始まって以来初めて。検査は現地時間の午前8時に始まった。 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は定例会見で、見えない感染を防ぐために検査が必要だと主張。香港の行政・立法・司法権は中国本土政府の認可を受けたものだとの認識も示した。 60万人近い住民が無料検査を申し込んでおり、域内141カ所の検査センターには行列ができている。 香港の民主派の医療関係者や一部の活動家は先月30日、検査のボイコットを呼び掛けた。一部の活動家は検査の名目で個人のDNA情報が収集され、悪用されるとの懸念を示している。政府は試料が香港域外に持ち出されることはないと主張している。 当局によると、検査能力は従来の1日当たり1万2000人から同50万人に向上する予定。 検査を受けに来た68歳の女性は「検査をすることで自分や周囲の不安を和らげられる」と語った。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている? ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路 ・世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。