米国を拠点とする北朝鮮の研究サイト「38ノース」は、北朝鮮が大規模軍事パレードのための練習を行っている可能性があるとの見方を示した。38ノースが分析した衛星写真によると、平壌近郊の美林(ミリム)の訓練場で8月31日、兵士と車両の列が確認された。38ノースは「北朝鮮は10月10日の朝鮮労働党創建75周年の記念日に大規模軍事パレードを実施すると予想されている」とし、「衛星写真はリハーサルが行われていることを示す最初の証拠だ」と説明した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。