<全米各地の抗議デモの現場に武装して表れる過激な極右勢力ブーガルー。デモの最中に起きた銃撃事件とも関連が疑われる> ウィスコンシン州ケノーシャで8月25日深夜、黒人差別反対デモの最中に銃撃があり、2人が死亡する事件が起きた。撃ったのは17歳白人のカイル・リッテンハウスで、殺人容疑で逮捕されたが、動機や背景はまだ明らかになっていない。 だが、極右を中心とする過激な「ブーガルーboogaloo」運動の信奉者ライアン・バルチが、事件当日リッテンハウスと会っていたことをシカゴ・サンタイムズ紙に明かしたところから、全米で悪名を馳せるブーガルーと事件の関連が脚光を浴びている。 バルチはウィスコンシン州ウェストベンドに住む退役陸軍軍人。リッテンハウスはブーガルー運動と「まったく関係ない」とバルチは言ったが、銃撃が起きた日、ケノーシャ市内に32人ものブーガルー信奉者がいたことを明らかにした ワシントン・ポスト紙の報道によれば、その夜、ブーガルーのバッジを身に着けた男性が数人、目撃されている。 バルチは本誌に、マスコミはブーガルー信奉者を「無関係の群衆」と一緒くたにしている、と文句を言った。 ブーガルーとは何か。ユダヤ系団体の名誉毀損防止連盟(ADL)によれば、もともとは内戦を意味する俗語だが、それを白人至上主義者や極右過激派が、社会転換をもたらすための内戦を表す言葉として使い始めた。 この言葉は同時に「集団暴力を気軽に受け入れる」姿勢を指しており、一部のブーガルー支持者の間では、暴力行為に参加する「意欲の高まり」を意味することもあるという。 人種は関係ない しかし、サンタイムズあてのメッセージの中でみずから「ブーガルー信奉者」と称したバルチは、極右勢力と、ブーガルー運動の使命には違いがあると語る。 「われわれは、争いが起きないようにしながら、抗議をする人々を必要に応じて助けることができるように、参加しているだけだ」と、本誌へのメッセージでバルチは述べた。 サンタイムズ紙には「ブーガルー信奉者」の間には、内戦が「目前に迫っている」という「一般的なコンセンサス」があると語っていたバルチだが、ブーガルーにとってその戦いは、人種とは関係がないという。 「ブーガルーの少年たちは極端なリバタリアン(自由主義)と無政府主義の理想にこだわる傾向があるので、人種は私たちにとって問題ではない」と、バルチは本誌に語った。「様々な人種や宗教の少年がブーガルーを信奉している」 25日のデモの場に足を運んだブーガルーのメンバー32人はみな、自分と「同じイデオロギーを共有していた」とバルチは言う。極右に共感してブーガルー運動に参加しようとした人々は「権威主義的な理想を支持する傾向がある」。 「(極右のメンバーは)マスコミがブーガルー運動をたたき始めるとすぐに逃げ出して、ブーガルーの名を使わなくなった」と、バルチは語った。 <参考記事>アメリカで台頭する極左アンティファとは何か──増幅し合う極右と極左 <参考記事>孤独なオタクをのみ込む極右旋風 ===== バルチは8月25日の銃乱射事件に関連する罪には問われてはいない。だが南部貧困法律センターのプロジェクト「ヘイトウォッチ」は、バルチと、白人至上主義のプロパガンダを公開したツイッターアカウントとの関連を発見した。 8月26日に公開されたバルチのフェイスブックへの投稿では、バルチは銃乱射事件に至るまでの経緯を自分なりの解釈で詳しく述べた。自分はリッテンハウスや「市民を守り、その財産と生活を守るために」ケノーシャに足を運んだ民兵メンバーと一緒にいたと書いている。 この投稿は、バルチや彼の仲間がその夜、関係者全員を「保護し、援助し、元気を出してもらう」ためにデモの現場を訪れたことを示している。 バルチの説明によれば、彼は負傷したBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)のデモ参加者と、極左の反ファシズム政治運動アンティファのメンバーを両方援助したという 「警察の残虐行為に対する抗議行動に対しては、ブーガルー運動は何の文句もない。100%支持するし、歓迎してくれるなら、抗議活動も応援に行く」と、バルチは本誌に語った。 アロハシャツ姿で武装 ケノーシャでは最近、自警団「ケノーシャ・ガード」が誕生し、人種的正義を求める抗議デモから町を守るため「武装市民」を支援している。だがバルチは、ブーガルー信奉者がケノーシャにきたのはそれとは関係ない、とサンタイムズに語った。 この自警団はオンラインで嘆願書を発表、「法執行機関は劣勢にあり、市長は失敗した」と訴え、「武器を取り、私たちの街を守ろう!」と呼びかけた。 ポストによれば、ケノーシャ・ガードもリッテンハウスとの関係を否定している。 黒人男性ジェイコブ・ブレイクが警察官に背中を7発撃たれ、腰から下が麻痺した8月23日の事件以来、ケノーシャは連日連夜、抗議行動と暴力の舞台となっている。 銃乱射事件の前から、この町は社会不安と警察の残虐行為、制度的な人種差別に対する抗議で揺れ動いていた。その多くは暴力的なものだった。 ポスト紙によると、ブーガルー運動の関係者はアロハシャツを着用して半自動小銃を抱え、抗議行動の場に姿を見せた。彼らはフィラデルフィア、デンバー、ミネアポリス、ラスベガス、ダラス、アトランタ、ソルトレーク・シティーでもデモに参加している。 黒人男性ジョージ・フロイドが白人警察官によって殺された5月25日の事件をめぐってミネアポリスで起きた抗議デモに参加するために、ノースカロライナ州から車を走らせてきたこともあった ラスベガスでは、BLMの抗議デモの最中に警察署に火炎瓶を投げつけて暴動を起こそうとしたブーガルー運動を支持する男性3人が、逮捕・起訴されている。 (翻訳:栗原紀子) 【話題の記事】 ・トランプ、黒人差別デモに発砲した白人少年は「正当防衛」 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。