<重症患者では死亡リスクが30%減少したが、中等症患者ではむしろ悪化すると警告> COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の重症患者にステロイド薬を使用することで、死亡率が下がることが複数の臨床試験で示され、世界保健機関(WHO)は治療ガイダンス(治療に関する提言)を更新した。 新型コロナウイルスに感染して入院した患者に対して、副腎皮質ステロイドを使用した場合と、標準的な治療またはプラセボ(偽薬)を使用した場合の効果を比較した複数の臨床試験結果を分析したところ、大きな違いが認められた。副腎皮質ステロイドは安価で手に入りやすく、抗炎症作用があり、COVID-19の危険な合併症に効果が期待できる。 WHOが行ったこの分析の結果は、9月2日発行の米国医師会報(JAMA)に掲載された。それによれば、同ステロイド薬を使用した治療を受けた患者678人の約33%が、28日間の観察期間中に死亡。標準的な治療またはプラセボ治療を受けた患者1025人については、約41%が同期間中に死亡した。さらに複数の研究結果を統合して解析を行った結果、副腎皮質ステロイドを使用した治療の場合、患者が死亡する絶対リスクが約30%減少することが示された。 貴重なリソースの無駄遣いを警告 WHOは最新の治療ガイダンスの中で、「有識者パネルとしては、死亡リスクが大幅に減少することを示す(中程度の確実性)エビデンスを考慮に入れると、十分な情報を与えられたCOVID-19の重症患者は、副腎皮質ステロイドを使用した治療を選ぶだろうという結論に達した」と述べている。ガイダンスは、専門家や患者、臨床医や方法論学者たちが臨床試験のデータを検証した上で更新された。 ガイダンスは副腎皮質ステロイドの使用について、COVID-19の重症患者には効果があるようだとする一方で、非重症患者には同じ効果はないようだと強調。中等症の患者にステロイド薬を使用した場合、かえって悪影響となる可能性があるとしている。 「有識者パネルは、十分な情報を与えられた非重症患者は、副腎皮質ステロイド薬による治療を選ばないだろうという結論に達した。現在のデータは、非重症患者についてはこの治療の効果が見込めず、かえって害になる可能性があることを示しているからだ」とWHOはガイダンスで説明。医療従事者は、リソース(在庫)がなくなるのを避けるべく、ステロイド薬の投与は慎重に行うべきだとつけ加えた。 <参考記事>キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣、新型肺炎治療を支援 <参考記事>新型コロナ感染症と戦って勝つ免疫細胞を発見 ===== 「公衆衛生のため、そして患者のためを考えると、COVID-19のどの治療薬についても、無計画に使えばリソースが急速に減っていく可能性があり、命が助かるかもしれない患者からそのチャンスを奪うことになる可能性がある」とガイダンスは述べている。 今回の分析結果を受けて、WHOのほかにも米国立衛生研究所(NIH)と米国感染症学会が治療ガイダンスを変更した。 NIHはステロイド治療と新型コロナウイルスに関する提言の中で、「COVID-19の重症患者は全身性の炎症反応を起こし、それが肺の損傷や多臓器不全につながる可能性がある」と指摘。「副腎皮質ステロイドの抗炎症作用が、それを阻止または回避するのに役立つ可能性があると提言されている」 【話題の記事】 ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・【動画】集中豪雨により氾濫する長江 ・銀河系には36のエイリアン文明が存在する? ・カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。