<「愚策」を恥ずかしげもなく褒めたたえ、本当に対策の必要な問題については語らず、民主主義のルールも何のその──共和党が目をつぶる不都合な真実> 政党の全国大会が厳粛で冷静な分析の場になるとは、誰も思っていない。その意味で、8月24~27日に開催された共和党全国大会は期待を裏切るものではなかった。 それどころか、いつものように党派対立をあおる情報操作や、ドナルド・トランプ米大統領への熱烈な称賛だけでなく、強引に歪曲した解釈、恥ずかしいほどの追従、規範や法律の衝撃的な違反、そして、多くのあからさまな嘘で埋め尽くされた。 特に悪質なのは、トランプが前例のない経済的成果を上げてきたという主張だ。実際は、現在の景気後退が始まる前でさえ、経済成長と雇用創出は近年の大統領に比べて鈍化していた。 さらに、あらゆる移民を制限しようと執念を燃やすトランプを、移民に友好的と持ち上げた。そして、おそらく最も醜悪なのは、新型コロナウイルスによるアメリカの死者数は今のところ世界最多で、20万人に届こうとしているのに、トランプの対策を驚くほど称賛したことだ。 外交実績に関する歪曲は、もはや不条理に近い。米中関係は、実際はぼろぼろだ。今年2月に発効した米中貿易協議の「第1段階」合意は目標達成に程遠く、次の段階の交渉は当面、望めそうにない。 マイク・ポンペオ米国務長官は、トランプが中国の悪い行いを「暴いて」、新型コロナについて「中国に責任を負わせた」と強調した。その一方で、トランプの貿易戦争がアメリカ人に背負わせる巨額のコストや、対中貿易赤字の削減に失敗したことは、都合よく見過ごしている。 「トランプ大統領のおかげでNATOが強化された」という称賛も、実際はNATO加盟国の大半を疎遠にし、同盟の存在理由である相互防衛保障を弱体化させている。 北朝鮮に関しては、ポンペオはトランプが「緊張を緩和させている」と褒めそやすが、そもそも緊張を高めたのはトランプだ。「あらゆる予想を覆して」金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を対話の席に着かせたという賛辞も、首脳会談を熱望していたのは金で、しかも金は会談で譲歩しなかったのだから、首をかしげたくなる。 他の演説者も似たような目くらましを使った。ランド・ポール上院議員は、トランプが民主党大統領候補のジョー・バイデン前副大統領と違って、イラク戦争に反対したと印象付けようとした。実際はトランプも当初は支持しており、侵攻から1年以上たって考えを変えたにすぎない。 語られない本当の問題 リチャード・グレネル前駐ドイツ米大使は、トランプがアンゲラ・メルケル独首相を「魅了」した場に居合わせたと語った。おそらくメルケル自身は選ばない言葉だ。 【関連記事】トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン) 【関連記事】「菅、岸田、石破」と「トランプ、バイデン」で日米関係はどうなる? ===== 4年間トランプに追従してきたペンスも副大統領候補に指名された JONATHAN ERNST-REUTERS 長男のドナルド・トランプJr.は、NAFTA(北米自由貿易協定)は「悪夢」で「史上最悪の貿易協定」の1つだったと非難した。しかし、彼の父親が決めた新しい協定も、それほど代わり映えはしない。 次男のエリック・トランプも兄に負けじと、大統領が「守った」「約束」の1つに中東和平を挙げた。しかし、イスラエルとアラブ首長国連邦の国交正常化を考慮に入れても、拡大解釈に思える。 もっとも、こうした誇張は想定の範囲内だ。注目すべき外交政策のメッセージは、大半の演説者が触れようとしなかった部分にある。 その最たるものが、気候変動の脅威に関する議論だ。党大会の最中も、カリフォルニア州で史上最悪の山火事が続き、過去15年間で最大規模のハリケーンがメキシコ湾岸に上陸した。緊急に対策を取らなければ頻繁に壊滅的な被害を受けるという前触れだと、科学者は警鐘を鳴らす。 しかし、党大会でこの問題が注目されることはなかった。トランプは、新型コロナウイルスは「奇跡のように」消えるだろうと繰り返してきた。コロナより潜在的な脅威になりかねない気候変動についても、最善の対策は話題にしないことだと言わんばかりだ。 さらに、かつての共和党は民主主義や人権を踏みにじる国があれば、深い遺憾の意を表明したものだが、この大会では誰もそれに触れなかった。無理もない。過去4年間トランプ政権それ自体に、身内びいきや腐敗、民主主義のルール違反がはびこってきたのだ。 共和党大会が行われていたまさにその時期に、毒を盛られたロシアの反体制派の指導者が、ドイツの病院に搬送され治療を受けていた。ベラルーシではロシアの後ろ盾を得た大統領が平和的なデモを武力で鎮圧する構えを見せ、中国では何百万人ものウイグル人が強制収容されていた。 にもかかわらず、次から次へと演壇に立った演説者はトランプを「自由の守り手」としてたたえるばかりで、こうした「不都合な真実」には一切触れなかった。 そればかりか党大会の運営そのものが「民主主義の規範とルールなど無視していい」というメッセージになっていた。例えばトランプの親族がメインスピーカーの半数近くを占めたこと。また、現職の国務長官が党大会で演説を行うのは異例のことで、国務省の規定に反するとみる向きもあるが、ポンペオは演壇に立って堂々とトランプの外交政策をたたえた。こんなありさまではとても他国の抑圧体制など批判できない。 この大会で語られなかったことがもう1つある。アメリカの利益を守るためにも同盟関係や多国間の枠組みは極めて重要であるという事実だ。 党大会では逆に、多国間の枠組みは批判と侮蔑の対象となった。演壇に立ったニッキー・ヘイリー前国連大使は国連を「独裁者と虐殺者と泥棒がアメリカを非難する場」と呼んだ。 【関連記事】トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン) 【関連記事】「菅、岸田、石破」と「トランプ、バイデン」で日米関係はどうなる? ===== NATOの同盟国はアメリカがグローバルな難題(コロナ対策もその1つだ)に立ち向かうために協力体制を組むべきパートナーだが、党大会ではその重要性が語られるどころか、長年アメリカの軍事力に「タダ乗り」してきたとたたかれるばかりだった。 歴代大統領候補は沈黙 一方で、演説者たちは口々にトランプのおかげでアメリカは世界からますます尊敬されるようになったと自画自賛した。アメリカの指導力に対する国際社会の信認がかつてなく低下し、同盟国ですらトランプを全く信頼していない状況で、一体どの口がそう言うのかとあきれるほかない。 誰も表立っては言わなかったが、共和党の外交政策が完全にトランプに乗っ取られたこともこの大会で明らかになった。党大会で党の政策が発表されず、「大統領の掲げるアメリカ・ファーストを全面的に支持する」と宣言されるのはまさに異常事態だ。 歴代の共和党の大統領候補は今回、一人も演説を行わなかった。全員辞退したのかもしれない。実際、歴代の共和党政権で安全保障を担当した70人超の高官が公然と民主党候補バイデンの支持を表明している。 トランプ政権の最初の1、2年は、政権内の「大人」と呼ばれていた元軍人らがトランプの暴走をある程度抑えていた。彼らは皆政権を去り、今も残って外交政策を取り仕切っているのはトランプにこびへつらうポンペオとマイク・ペンス副大統領だけだ。 この大会から分かるのは、共和党の次期政権の外交政策はトランプのその時々の気まぐれで決まり、いきなり方向転換しても共和党は全面的に支持する、ということだ。 だからこそ2期目のトランプ政権は危険極まりない。その理由はトランプの外交能力がお粗末なことだけではないし、トランプが気候変動などの重要課題を無視することだけでもない。国務省などの政府機関から優秀な人材を排除したためだけでもない。 何より恐ろしいのは、再選されたトランプが「自分の流儀は信認された」と考えることだ。アメリカの有権者は、節操なきナルシシストが合法性や良識、国益などお構いなしに、やりたい放題に振る舞うのを認めたことになる。 共和党を乗っ取り、法や規範を無視し、独裁支配や人権侵害を容認して国際機関を骨抜きにし、アメリカを孤立させ同盟国を侮辱した揚げ句に再選されたら、トランプは今までのやり方を続けるか、もっとひどい暴走をするだろう。 党大会では誰もそう言わなかったが、図らずもそれが彼らのメッセージとなった。 From Foreign Policy Magazine <本誌2020年9月8日号掲載> 【関連記事】トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン) 【関連記事】「菅、岸田、石破」と「トランプ、バイデン」で日米関係はどうなる? 【話題の記事】 ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・日本の行方。 =====