水質浄化や天然の防波堤としての減災機能、また生物多様性の保持は重要な役割ともなるサンゴは、現在さまざまな環境ストレスによって減っていく一方。そんな中、東京大学の鯉淵幸生さんをはじめとするNPO海辺つくり研究会などが解決の糸口となる装置、コーラルベッドを開発しました。