世界保健機関(WHO)のハリス報道官は4日、新型コロナウイルスの広範なワクチン接種は「来年半ばまで期待できない」と述べ、ワクチンの有効性と安全性について厳密な検査が必要と強調した。 ハリス氏は記者会見で、これまでに実施された臨床試験では、WHOが求めている少なくとも50%の有効性を示す「明確なシグナル」が示されていないと指摘した。 ロシアは8月に新型コロナワクチンを承認した。また米当局と製薬大手ファイザーは3日、10月下旬にもワクチンが配布される可能性があるとの見通しを示した。 ハリス氏は「第3相臨床試験にはより時間が必要だ。ワクチンが実際どれだけ有効で安全なのか確認する必要がある」と説明した。具体的なワクチン候補には言及しなかった。 あらゆるデータを共有し比較する必要があると指摘し「多くの人がワクチンの接種を受けたが、われわれは効果があったかどうか承知していない。現段階では有意義な有効性と安全性に関する明確なシグナルは得られていない」と述べた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・韓国、新型コロナ第2波突入 大規模クラスターの元凶「サラン第一教会」とは何者か ・韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます2020年8月25日号(8月18日発売)は「コロナストレス 長期化への処方箋」特集。仕事・育児・学習・睡眠......。コロナ禍の長期化で拡大するメンタルヘルス危機。世界と日本の処方箋は? 日本独自のコロナ鬱も取り上げる。