シートチューブがない、ケーブルの露出も最低限、ライトやバッテリーもまったく目立ずにインストールしているフレームは、ユーザーの体型・乗り方漕ぎ方に合わせてのオーダー3Dプリント。この新しさカッコよさに世界がどよめいたのでしょう。 そんなSuperstrata Bikeのカラバリが増えました。