ANAホールディングス傘下の全日本空輸がハワイ線を10月に再開する方針を明らかにした。 - 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月下旬から運航を取り止めていたが、ビジネス客や留学生などの利用で一定の需要が見込めると判断した。再開は約半年ぶりで、成田━ホノルル間で月2往復する。 世界各国では新型コロナ感染拡大を受けた出入国制限措置が続いており、コロナの影響で全日空の国際線は計画の約9割が運休している。今回の運航でも、旅客は入国後に2週間の待機を求められることになる。 成田出発は10月5日と19日を予定。機材は米ボーイングの中型旅客機「787―9」を使用する。11月以降については未定で、今後の需要動向を見ながら検討する。 ハワイ線は全日空にとって収益の高い路線で、2019年には欧州エアバスの超大型機「A380」を投入するなどして強化してきた。 (白木真紀)[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。