<資料のコピーや構想メモから校正刷りまで、物を捨てない性格だった丸山眞男。そのことが丸山眞男研究をこれからも発展させ続ける可能性を持つ> 『リベラリストの肖像』(二〇〇六年)を刊行し、サントリー学芸賞を頂いてから、早くも十四年がたった。この旧著は、原則としてすでに公刊されている丸山の著作・講義録と対談・座談会、そして自筆の手稿や書簡を翻刻した本を資料に用いてまとめたものである。 しかし、書いていたときにはそれだけを参考にしたわけではない。丸山眞男の旧蔵書と、自宅に遺された草稿・ノート・メモの類は、すべて東京女子大学に寄贈され、丸山眞男記念比較思想研究センターの丸山眞男文庫が整理・保存にあたっている。現在ではその多くが公開され、ウェブサイトから簡単に閲覧できるものも少なくない。その整理を手伝うのと並行しながら執筆していたので、未公開の資料を引用することは避けたものの、そのとき見た資料から多くの手がかりを得ながらまとめた本ではあった。 したがって、丸山眞男文庫の資料公開が進んだ暁には、未刊行資料をふんだんに使いながら、新しい目で眺めた評伝が書き直されるべきだ。そう思いながら執筆を進めた本である。 それから十四年のあいだ、一方ではあいかわらず、丸山の公刊著作の一部を読んだだけで、その「敗北」や「憂鬱」を雄弁に語ってしまうような本も世に出ている。しかし他方で、ウェブ上で閲覧できる資料データベースの公開が進み、年報である『丸山眞男記念比較思想研究センター報告』(これもウェブ閲覧可能)には、毎号、未発表の講義草稿や書簡の翻刻が載っている。また書籍としても、『丸山眞男講義録』(東京大学出版会)の別冊が二巻刊行されて、一九五〇年代の講義原稿を簡単に読めるようになった。著作集である『丸山眞男集』についても、年譜を収めた『別巻』の新訂増補版が出て、活字になっていない資料の翻刻から成る『丸山眞男集 別集』全五巻の刊行も進んでいる。 このように、丸山眞男の思想と生涯を検討するにあたって、その基本材料となる資料の量が、この十四年間で大幅に増えている。そのわりには、新しい公開資料・公刊資料を用いた研究書がこれまでほとんどなかったが、二〇一九年にはそうした新たな知見を盛り込んだ重要な研究書が二点、刊行された。西村稔『丸山眞男の教養思想ーー学問と政治のはざまで』(名古屋大学出版会)と、清水靖久『丸山真男と戦後民主主義』(北海道大学出版会)である。 【関連記事】高校新科目「歴史総合」をめぐって ===== 『みすず』二〇二〇年一・二月合併号「読書アンケート特集」に載った上山安敏の回答によれば、『丸山眞男の教養思想』の著者、西村稔はこの本の刊行後に亡くなったという。闘病生活を送りながらまとめた大著であるから、記述に重複があったり、索引が不十分だったりするのはそのせいだろう。西村の師であった上山はこう述べている。「記者出身の彼の筆致の裏にはジャーナリズム=編集者の感覚がある。偉大な日本人の成し遂げた業績を学者として丹念に資料操作していくと同時に編集していく伎倆には脱帽する他ない」。まさしく、厖大な資料を集め、編集することで成った一冊であった。 やはり丸山眞男文庫の資料をふんだんに用いた研究論文として、阪本尚文「丸山眞男と八月革命(一)ーー東京女子大学丸山眞男文庫所蔵資料を活用して」(福島大学『行政社会論集』二十八巻一号、二〇一五年)がある。西村は阪本からの資料提供も受けながら、知識人と政治との関係、および「教養思想」の展開という角度から、丸山の思想を分析する。もともと西洋法制史の研究から出発して、近代社会を支える「教養と作法」の重要性に関心をもち、大正時代以降の「教養思想」の流れのなかに、丸山の思想を位置づけようとした仕事である。 西村は、一九六〇年の日米安保条約反対運動のあと、丸山が時論を発表する知識人としての活躍から「撤退」したのち、「教養」としての学問のあり方についての考察を深めたと見る。それはまず、日本政治思想史の講義における、日本思想史に一貫して持続する「原型」「古層」への注目として現れた。他面で丸山は論文「幕末における視座の変革」「開国」「忠誠と反逆」において、前近代の日本思想から普遍主義的な要素を掘り出し、それを再認識するところから、知識人の「知的共同体」を再建しようとしたものの、歴史学の営みとして「本当の普遍主義」を提示することは、ついにできなかった。そうした経過を詳しく明らかにする過程で、旧蔵書のなかにある吉本隆明『丸山真男論』に書き込まれた、丸山自身による吉本への反論に言及するなど、未公刊の資料も多く使っている。 普遍的な思想が根づいているとは思えない日本社会に対して、「本当の普遍主義」を広めるのが知識人の使命だが、それはどうすれば可能なのか。西村の研究は、丸山のこの問題関心を引きうけようとする意識から出発していると言えるだろう。清水靖久の『丸山真男と戦後民主主義』が、丸山と東大紛争との関係を掘り下げるところにも、同じような関心をうかがうことができる。「本当の普遍主義」の重要な要素である「民主主義」を、反乱学生たちがまるで理解せず、日本的な「原型」のままにふるまっていると見なす。そうした丸山の姿勢に対する清水の批判は、厖大な資料収集によって裏打ちされた深いものになっている。従来よく見られた、全共闘から殴られたことをきっかけにーーこれ自体、事実に反した風説であることも清水は明らかにしているーー学問に沈潜し、論壇では沈黙するようになったとこじつける丸山批判とは、質がまったく異なっている。 【関連記事】それでも民主主義は「ほどよい」制度だろう ===== また、ベストセラーになった『現代政治の思想と行動』増補版(一九六四年)に見える丸山の言葉、「大日本帝国の「実在」よりも戦後民主主義の「虚妄」の方に賭ける」、また「他者をあくまで他者としながら、しかも他者をその他在において理解すること」という二つの有名な言葉について、清水は遺された草稿類を用いながら、そこにこめられた意味を発掘する。戦後民主主義は「占領民主主義」にすぎないといった、新たな「戦後神話」に対する批判意識が、丸山に一種の啖呵を切らせたのが前者であり、後者の背景には、カール・マンハイムの言葉を、戦争協力者として投獄中のカール・シュミットによる要約を通じて理解するという、思想史上の興味ぶかいドラマが隠れていたのである。 これまで近代日本の思想史については、個々の思想家のテクストの背後に働いている思索の軌跡や、ほかの思想との対話に関して、草稿や書簡を通じて綿密に明らかにするような研究が、比較的に乏しかった。福澤諭吉、中江兆民、内村鑑三、西田幾多郎といった顔ぶれについては、そうした次元での研究史が展開していると言えるだろうが、一般には多くない。研究者の層が薄いせいもあるが、草稿や書簡までまとめて保存され、整理・公開されている場合が少ないという事情も影響しているだろう。 そうした状況のなかで、丸山眞男の場合は貴重な例外であるとも言える。丸山本人が物を捨てない性格であり、しかも残った資料がすべて寄贈されたおかげで、丸山が研究に用いた資料のコピーや、構想を記したメモの断片、さらには論文公刊のさいの校正刷に至るまで、さまざまな資料を見ることができ、一つのテクストを執筆する過程にあった思考の流れをたどるのを助けている。 また丸山自身の書いたものと、蔵書や書簡とを照らし合わせることを通じて、知識人どうしの交流や、さらには同時代の言論空間のあり方を再現することも可能である。丸山眞男に関する研究は、さらに戦後思想史の広い見取り図を新たに描きあげる作業につながる可能性を、いまや含んでいるのである。 苅部 直(Tadashi Karube) 1965年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。専門は日本政治思想史。著書に『光の領国 和辻哲郎』(岩波現代文庫)、『丸山眞男』(岩波新書、サントリー学芸賞)、『鏡のなかの薄明』(幻戯書房、毎日書評賞)、『「維新革命」への道』(新潮選書)、『基点としての戦後』(千倉書房)など。 当記事は「アステイオン92」からの転載記事です。 【関連記事】 ・すばらしい「まだら状」の新世界──冷戦後からコロナ後へ ・文部省教科書『民主主義』と尾高朝雄 『アステイオン92』 特集「世界を覆う『まだら状の秩序』」 公益財団法人サントリー文化財団 アステイオン編集委員会 編 CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。