<2カ月以上も猛暑と山火事に見舞われていたはずの米コロラド州が、翌日真冬になった> コロラド州の気候は9月8日、記録破りの猛暑から観測史上屈指の早い降雪に様変わりした。1日のうちに摂氏で約37度以上、気温が変化したのだ。 大きく南下したジェット気流により気温が大幅に下降するため、コロラド州全域で雪は降り続くとウェザー・ドット・コム(Weather.com)は予想する。コロラド南部のニュース専門テレビ局KOAAの気象予報士は、8日は雨と雪になると予想しており、夜間には天候がさらに悪化すると見ている。 コロラド州の複数の地域では、米国立気象局(NWS)が、吹雪の警報と注意報を発令した。 「吹雪警報と冬季気象警報は、州全域で今夜(8日)から9日未明まで発令される」とNWSのボルダー支局はツイートした。「記録的な低温も予想されることから、低温注意報および警報も発令される」 *** Winter Storm Update ***Winter Storm Warnings and Winter Weather Advisories will be in effect tonight through early Wednesday across the state. Freeze Watches and Warnings are also in effect as record cold temperatures are expected as well. #cowx pic.twitter.com/OlyJDZjfux— NWS Boulder (@NWSBoulder) September 7, 2020 コロラド州プエブロのNWS支局も同様のツイートを投稿し、低温警報が発令されたと住民に注意を促した。 Mostly snow falling now falling in Fort Collins and Loveland. A mix of light rain/snow in the Denver metro area. #COwx https://t.co/lQALmB3789— NWS Boulder (@NWSBoulder) September 8, 2020 「8日午前に大幅に温度の低い寒気が流れ込むため、8日から9日未明にかけて、コロラド州各地で氷点下の気温が予想され、低温警報が発令された」とNWSプエブロ支局は書いている。 猛暑から寒波へ 気象予報会社アキュウェザーは、コロラド州の8日の気温は、摂氏約0.6度から摂氏約2.2度の低温になると予想する。デンバーで観測史上もっとも早い降雪は1961年の9月3日で、その年は4.2インチ(約10.7センチ)の積雪があった。 そればかりではない。コロラド州では直前まで猛暑が続いていた。9月7日のレイバーデーには、デンバーの気温は華氏101度(摂氏約38.3度)に達した。73日連続で華氏90度(摂氏約32.2度)超えとなり、2012年の記録に並んだ。 8日以前のコロラド州では、猛暑により各地で複数の山火事が発生していた。6日から7日にかけては、コロラド北部のキャメロン・ピークの山火事が2万5000エーカー近く燃え広がり、焼失面積は5万9000エーカー(約240平方キロメートル)に達している。 (翻訳:ガリレオ) <参考記事>カリフォルニア州デスバレーで54.4℃ 世界最高記録の可能性 <参考記事>ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう 【話題の記事】 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開 ・台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死 ・【動画】集中豪雨により氾濫する長江