<長い夏休みを挟んだ2学期制など、長期休暇を夏季に集中させる対策も必要> 今年の夏も酷暑の日が続いた。新型コロナの感染も怖いが、熱中症はもっと怖い。死者数でいえば後者が圧倒的に多く、「熱中症死者100人」というワードがツイッターでトレンド入りした。 熱中症死者の8割が、屋内でエアコンをつけていない状態だったという。エアコンがあるのにつけなかったのか、なかったのかは定かではない。今となっては、夏場でのエアコンの使用は必須だ。冷房嫌いでつけない人には啓発をし、経済的理由で持てない人には費用の補助が求められる。暑さを感じにくい高齢者は、特に要注意だ。 昔と比べて気温が上昇していること、すなわち暑くなっていることは、データではっきりと可視化できる。<図1>は、東京の8月の気温をグラフにしたものだ。それぞれの日の最低気温と最高気温を高低線の両端で表し、平均気温にはドットを打っている。1920年と2020年の図を左右に並べてみた。 100年間の変化は一目瞭然で、チャートが上の方にシフトしている。大正期では真夏といえど最高気温が30度を超えた日は半分もなかったが、今では1日を除く全ての日がこのラインを越え、35度を超えた日も11日(3分の1)ある。真夏日のラインは昔は30度だったが、現在では35度になったと言っていい。100年間で5度も上がっている。 <関連記事:政府が教育にカネを出さない日本に未来はあるか> <関連記事:日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき> ===== 上記は東京のデータだが、地域差もある。8月31日間の最高気温の平均値を、各地域の暑さの指標として算出してみる。東京の場合、2020年8月の31日間の最高気温平均値は34.1度だ。この数値を県別に出し、地図にすると<図2>のようになる。 左は1980年、右は2020年の地図だが、全国的に気温が上がっているのが分かる。1980年では30度を超える県が4府県だけだったが、今年では北海道と青森を除く全都府県で30度を超え、41の都府県で32度を超えている。列島の猛暑化だ。 なお過去40年間の気温の伸びは都市部で大きい。東京は26.6度から34.1度まで上がったが、南端の沖縄は31.7度から32.2度と微増にとどまる。現在では、沖縄よりも東京や大阪のほうが暑い。人工排熱が多い都市部では気温が上がる、ヒートアイランド現象が顕著になってきている。 今の大人が子どもだった頃とは、暑さのレベルが違う。真夏の屋外でのスポ根指導などは命に関わる。教室のエアコン設置は進んでいるが、温度規制があり、コロナ対策で換気もしないといけないため効果は薄れがちだ。暑さ指数(WBGT)に基づき臨時休校の基準を定めている自治体もあるが、これは当然のことだ。 地域によっては、長期休暇を夏場に集中させることも必要になる。学校教育法施行令第29条によると、学期の決定権は自治体の教育委員会にある。長い夏休みを挟んだ2学期制など、多様な形態が考えられていい。全ての子どもに一定の質の教育を保障するやり方は、一律ではない。 <資料:気象庁ホームページのデータベース> <関連記事:政府が教育にカネを出さない日本に未来はあるか> <関連記事:日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき> =====