<自分よりもはるかに体の大きな鳥を頭から食べる禍々しいクモ> ソーシャルニュースサイトのレディットに、クモが鳥を食べる様子を捉えた動画が投稿された。約1分の動画には、タランチュラが自分より大きい鳥(イエミソサザイ)を食べるおぞましい様子が映っている。 投稿者は、このクモを「ルブロンオオツチグモ」だと思っていたようだ。ルブロンオオツチグモ(別名ゴライアスバードイーター)は、全長およそ30センチ、体重が最大170グラム程度と世界で最も重量級のクモだ。だがレディットのほかのユーザーたちから、動画に映っているのはタランチュラの一種だと指摘する声があがった。 フンボルト博物館(ドイツ最大の自然史博物館)でクモ形節足動物の研究を行っているジェイソン・ダンロップは本誌に対して、問題の動画に映っているのはピンクトゥータランチュラ、「あるいは少なくともそれにきわめて近い種」だと思われると語った。 スミソニアン国立動物園と保全生物学研究所によれば、ピンクトゥータランチュラは森の中に生息している。メスは全長およそ12センチ、オスは全長およそ9センチとメスよりもやや小さい。 消化液を注入して溶かして食べる ピンクトゥータランチュラは、体が黒くて毛が多く、脚先がほんのりピンク色なのが特徴だ。口の近くに4本の付属肢があり、このうち2本に毒牙がある。残りの2本は爪と触覚の役割を果たしている。南米北部の熱帯雨林に生息し、積極的に餌を求める捕食者で、一般にはトカゲやカエル、ネズミのような小型脊椎動物を捕まえて食べている。 ダンロップは、タランチュラは一般に鳥を食べることはないが、例がない訳ではないと語った。彼は投稿映像に映ったタランチュラについて「飲み込めるものなら何でも食べただろう」と指摘した上で、こう続けた。「消化液を逆流させて獲物に注入し、液状に溶かして飲み込み、骨や羽など残った部分を捨てる。それがタランチュラのやり方だ」 タランチュラが鳥を食べるという考え方が知られるようになったきっかけは、ドイツ人の自然科学者マリア・シビーラ・メーリアンの版画だった。彼女が1705年に出版した『スリナム産昆虫変態図譜』の中に、ピンクトゥータランチュラがルビートパーズハチドリを食べる様子を描いた版画が含まれていたのだ。 【関連記事】ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡 【関連記事】ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死 ===== 2016年には、ブラジル人科学者のホアオ・ビクトル・カンポスエシルバとフェルナンダ・アルメイダ・メイレリスが、鳥を捕食するクモについての研究報告を発表。この中で2人は、タランチュラが鳥を捕食した2つの例を確認したと書いている。1例目の獲物は、研究者たちが仕掛けた網にかかったメガネアリドリだった。 「タランチュラは鳥の目に毒牙を突き刺し、メガネアリドリは数秒で死に至った」と彼らは論文に書いている。「その後、タランチュラは自力で網を破り、網から約1.5メートル離れたところにある巣穴の入り口まで鳥を引きずっていった。11時間半後、メガネアリドリの頭部と体の一部が食べられていた」 2例目では、ピンクトゥータランチュラがミソサザイを捕食する様子が確認された。「1例目と同じように、タランチュラは鳥の目に毒牙を突き刺し、消化酵素を分泌させた後に鳥の頭を食べた」 2人の研究者は、どちらの例でもタランチュラが最初に鳥の目を攻撃したところが興味深いと述べ、目はほかの部分に比べて組織が柔らかいため、毒液をより素早く注入することができ、消化酵素をより素早く行き渡らせることができるのではないかと指摘している。「さらに注目すべきは、(タランチュラが)最初に食べるのが脳だという点だ。鳥の脳は大きく、体のほかの部分よりも発達している。栄養豊富な組織で、体のほかの部分よりも先に食べられるのも納得できる」 【関連記事】全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは 【関連記事】中国でホッキョクグマ並みの巨大ブタが飼養されるようになった 【話題の記事】 ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。 ===== 【関連記事】全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは 【関連記事】中国でホッキョクグマ並みの巨大ブタが飼養されるようになった 【話題の記事】 ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死