<大規模な治験では副作用が疑われる事例が出るのはよくあること。政治的圧力に負けず、安全性検証のため治験を中断したのはむしろ歓迎すべきだ> 英製薬大手アストラゼネカはオックスフォード大学と共同で開発を進める新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験(治験)で、被験者の1人が重い疾患を発症したことを発表。治験は中断されることになり、ワクチン開発への期待が一気にしぼんだが、専門家はこれを治験が安全性を最優先して行われていることを示す歓迎すべき決断だとみている。 治験は「標準的な」プロセスに従って中断され、独立した委員会が安全性のデータを検証することになったと、オックスフォード大学ワクチン研究所・COVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチン開発チームの広報担当は本誌の取材に書面で回答した。 「これは、治験中に、不測の疾患とみられる事例が出た場合に日常的に取られる措置であり、(第三者機関の)検証が行われることで、治験の公正さが担保される」 アストラゼネカとオックスフォード大学が開発しているワクチンはChAdOx1と呼ばれる。チンパンジーに風邪を発症させるアデノウイルスを無害なウイルスに改変し、新型コロナウイルスの遺伝子を組み込んだものだ。 大規模な治験にはつきもの マット・ハンコック英保健相は、英ニュース専門局スカイ・ニュースのインタビューで、中断は「明らかに1つの試練」だが、この夏にはほかにも中断されて再開された研究があると話した。 これは治験の標準的プロセスで、「必ずしも」開発の後退を意味するわけではなく、検証結果しだいで、早期に治験が再開される可能性もあると、ハンコックは言う。 「いずれにせよ私たちは、ワクチンの有効性と安全性を担保するために必要なあらゆる手段を講じるつもりだ」 この治験に関わっていない専門家も、中断は正しい決定だと評価している。 ロンドン大学公衆衛生・熱帯医学大学院のスティーブン・エバンズ教授(薬剤疫学)は、治験では偶発的な事例が起きることがあり、ワクチンとの因果関係について検証を行う必要があると、声明で述べた。エバンズによると、被験者が70人以上の治験では、こうした事例が起きることも珍しくない。 「政府の規制当局に加え、データと安全性を監視する独立した委員会を設置した上で、治験を実施するのは、被験者を守るためであり、将来的にワクチンの投与を受ける人々を守るためでもある」と、エバンズは述べている。 <参考記事>ワクチンができてもパンデミックが終わらない理由 <参考記事>中国・ロシアのスピード開発コロナワクチンは「普通の風邪」ベース 効果は7割未満との指摘も ===== さらに、報告された疾患がワクチンによって引き起こされたとみるのは早計だと、エバンズは釘を刺している。 仮にワクチンと疾患に因果関係があったとしても、ほかの要因も絡んでいる可能性があるため、それだけでこのワクチンがお蔵入りになることはないと、エバンズは言う。一部の人には投与できないが、ほかの人たちには投与できる可能性があるからだ。 英レディング大学のイアン・ジョーンズ教授(ウイルス学)も声明で、「治験中断は不吉というより不運な出来事と見るべきだろう」と述べた。 こうした中断はよくあると話すのは、英国免疫学会のダグ・ブラウン会長だ。「開発チームが安全性を最優先しているなら、中断はつきものだ」 「ワクチンは感染症を予防し、人命を救うが、徹底的に安全性を検証しなければ、大規模な投与には踏み切れない。(健康な人に投与することから)安全性が非常に重要なため、ワクチンの試験は実験室でも、臨床でも何段階ものステップを踏み、驚くほど複雑な手順を踏んで行われる。どんなに急を要しても、臨床試験では、被験者の健康状態をモニターする数多くの厳格な安全手続きを守らなければならない」 政治的圧力は禁物 中断が発表されたことで、治験には徹底した厳密な手順が「不可欠」なことが一般の人にも分かったはずだと、ブラウンはみる。できるだけ早く開発にこぎつけようと開発チームに政治的圧力をかける動きも目につくが、アストラゼネカとオックスフォードはそれに負けなかったのだ。 中断の決定は、「逆説的ではあるが、良いこととみるべきだ」と、英ウォリック大学医学大学院の名誉臨床講師ジェームズ・ギルは声明で述べた。「COVID-19のワクチン開発のニュースを待ち望んでいる一般の人にきちんと情報を開示する、透明性の高い倫理的な科学研究の模範として擁護すべき」決定だ、というのだ。 「科学者たちはそもそもの始めから、ワクチン開発には時間がかかると口を酸っぱくして言ってきた」のに、誰も耳を貸さなかっただけだ。 【話題の記事】 ・中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染 ・傲慢な中国は世界の嫌われ者 ・「中国はアメリカに勝てない」ジョセフ・ナイ教授が警告 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。