トランプ米大統領が新型コロナウイルスの致死性や感染力を今年2月時点で認識していたにもかかわらず、混乱を回避するために国民に正しい情報を伝えていなかったことが、著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が新著「Rage(怒り)」のために行ったインタビューで明らかになった。 CNNが入手したインタビューの録音によると、トランプ氏は国家非常事態を宣言した数日後に当たる3月19日に行われたウッドワード氏とのインタビューで、新型コロナについて「私は常に事態が深刻でないように思わせたかった。今でもそうする方が良いと思っている。パニックを引き起こしたくないからだ」と発言。新型コロナが高齢者だけではなく、多くの若年層にも感染するという「驚愕の事実」が見つかったとも述べた。 CNNやワシントン・ポストによると、トランプ氏は2月7日に行われたインタビューで「新型コロナは空気感染する」と言及。「非常に用心しなければならず、かなり細心の注意を要する。活発なインフルエンザよりも致死性は高い」と語っていた。 このインタビューの1週間後、トランプ氏はホワイトハウスの記者会見で、米国の感染者数は「数日以内にゼロ近くまで減少する」と述べていた。 トランプ氏は9日、ホワイトハウスで「私はこの国のチアリーダーだ。国を愛しており、国民を怖がらせたくない」と述べ、「いかなる基準で見てもわれわれはうまく対応した」と強調した。 11月の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は同日、ミシガン州での講演で、トランプ大統領が新型コロナの致死性について故意にうそをついたことは「職務怠慢」であり、国民に対する裏切りだと非難した。 ホワイトハウスは、トランプ大統領が新型コロナについて意図的に米国民を欺いたとの指摘を否定。マクナニー大統領報道官は記者会見で「大統領がウイルスを軽視することは絶対にない。大統領は早期に対応策を講じていた」と強調した。 一部の共和党議員もトランプ大統領のコロナ対応を擁護し、リンゼー・グラム上院議員は「経済活動を停止したトランプ氏の行動は正しかった。当時の(トランプ氏の発言の)トーンは対応の正しさを物語っている」と述べた。 ウッドワード氏は9月15日に発売される新著の執筆に当たり、トランプ氏へのインタビューを18回実施したという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。