<新型コロナウイルスは、インド本土から東1200キロ、アンダマン・ニコバル諸島の少数先住民にも影響をおよぼし、50名あまりの総人口のうち10名が感染した...... > 人口13億人超を擁するインドで、新型コロナウイルスの感染拡大が広がっている。2020年8月31日から9月6日までの1週間で約60万人もの新規陽性者が確認され、累計感染者数は米国に次いで世界で2番目に多くなっている。 インド本土を中心に広がり続ける新型コロナウイルスの感染拡大は、インド本土から東1200キロ、インド洋のベンガル湾南部に位置するアンダマン・ニコバル諸島の少数先住民にも影響をおよぼしている。 先住民の大アンダマン人50名のうち10名が感染 8月下旬、先住民の大アンダマン人10名が相次いで新型コロナウイルスに感染した。大アンダマン人の総人口はわずか50名あまりであることから、人口の約2割が新型コロナウイルスに感染したことになる。感染者のうち6名にはそのエリアの中心のポートブレアに出張した行動履歴があるが、4名は島から離れていないという。なお、9月8日には、感染者全員が回復している。 大アンダマン人は、英国がアンダマン・ニコバル諸島を植民地化した1850年代には総人口が5000人を超え、この地域で主要な部族であったが、梅毒などの性感染症が持ち込まれ、結核の蔓延やアルコール依存症の増加などにより、わずか150年で100分の1にまで人口が激減した。 アマゾンの先住民でも深刻な問題になっている アンダマン・ニコバル諸島には、大アンダマン人のほかにも、約120名のオンゲ族や約520名のジャラワ族、238名のションペン族、外部との接触を拒否する生活を続ける150名のセンチネル族が暮らしており、新型コロナウイルスへの感染リスクが懸念されている。孤立した生活を送る人々は、外部の疾病への免疫を持っている可能性が低いことから、常に外部の疾病に脆弱だ。アンダマン・ニコバル諸島の当局は、外部から島への立ち入りを制限し、島民が島を離れる際には、定期的な検査を義務づけている。 ●参考記事 北センチネル島で米国人宣教師が先住民に弓矢で殺害された アンダマン・ニコバル諸島の少数先住民と同様に、南米のアマゾン熱帯雨林地帯で暮らす先住民においても、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な問題となっている。アマゾン熱帯雨林地帯の組織で構成されるネットワーク「REPAM」の調査データによると、9月8日時点で先住民のうち5万5659名が新型コロナウイルスに感染し、1734名が死亡している。 ===== Why Members Of The Greater Andamanese Tribe Are In Severe Danger?