英製薬大手アストラゼネカは12日、中断していた英国での新型コロナウイルスのワクチンの治験について、英政府当局から承認を得て再開したと発表した。同社は英オックスフォード大学と共同でワクチン開発を進めているが、被験者1人に説明できない疾患が生じたため、治験を世界的に中断した。報道によると、疾患が生じたのは英国の被験者で、横断性脊髄炎に関連する症状が見られたという。他の地域での治験再開について同社は、保健当局に協力し指示に従うとしている。ただ、各地での再開がいつになるかは明確にしていない。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。