ドイツ政府のザイベルト報道官は14日、ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏に対して旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」が使用されたことを、スウェーデンとフランスの検査機関もそれぞれ独自に確認したことを明らかにした。 ナワリヌイ氏から採取した検体はさらに、オランダ・ハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)にも送られた。 ナワリヌイ氏はベルリンにあるシャリテ病院に入院中。同病院の軍医が最初に「ノビチョク」による毒殺未遂だと断定した。 ロシア側は、ナワリヌイ氏に毒物が盛られた証拠はないとしている。 ザイベルト報道官は、3機関が「ノビチョク」使用を確認したことを受け、ロシアに対して改めて説明を求める考えを示した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。