<トランプが国民にコロナに関する真実を伝えていなかったことを明らかにしたボブ・ウッドワードの新著だが、大統領だけでなくウッドワードにも厳しい声が> 新型コロナウイルスの脅威を早期に認識していながら、国民に真実を伝えなかったとしてトランプ米大統領への批判が高まるなか、その事実を明かした著名ジャーナリストのボブ・ウッドワードにも厳しい視線が注がれている。 9月15日のウッドワードの新著『怒り』の出版に先立ってワシントン・ポスト紙が掲載した本の抜粋によれば、トランプはアメリカで感染が広がる以前の1月28日に新型コロナが「最大の脅威」になると報告を受けていたという。2月7日にはウッドワードに電話で「息をするだけで感染する」「致死的だ」と説明。その一方で、公の場ではリスクを軽視するメッセージを発し続けていた。 こうした内幕が録音データと共に報じられると、トランプと並びウッドワードへの批判が噴出。新著の売り上げを伸ばすためにトランプの発言を7カ月間も「隠蔽」し、多くの命を危険にさらしたとして同業のメディア関係者から厳しい声が相次いでいる。 <2020年9月22日号掲載> 【関連記事】「米コロナ致死率は世界最低」と繰り返すトランプの虚言癖 【関連記事】トランプ、意図的にコロナのリスク軽視 著名ジャーナリストが内幕本で指摘、大統領選にも影響か 【話題の記事】 ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。 ===== Bob Woodward had my quotes for many months. If he thought they were so bad or dangerous, why didn't he immediately report them in an effort to save lives? Didn't he have an obligation to do so? No, because he knew they were good and proper answers. Calm, no panic!— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) September 10, 2020 ウッドワード氏の「隠蔽」に対するトランプ大統領の解釈 【関連記事】「米コロナ致死率は世界最低」と繰り返すトランプの虚言癖 【関連記事】トランプ、意図的にコロナのリスク軽視 著名ジャーナリストが内幕本で指摘、大統領選にも影響か 【話題の記事】 ・大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......? ・地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される ・中国は「第三次大戦を準備している」 ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死